オーディオブックの制作・配信を手掛けるオトバンクは、音声コンテンツの企画・制作などを行うベルガモと共同で、長編ミステリー作品『罪の声』(講談社刊、塩田武士著)をオーディオブック化。4月30日よりオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」にて配信開始した。

『罪の声』は、2016年の「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第1位に輝いたほか、2017年「本屋大賞」で第3位を受賞した話題の長編ミステリー小説。昭和最大の未解決事件「グリコ・森永事件」をテーマにした、元新聞記者の著者による16年の構想と取材を経て書籍化が実現した迫真の一作だ。

オーディオブックは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」のこと。耳だけで読書が可能なため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中などに「ながら読書」が楽しめる。

昭和最大の未解決事件を追う主人公の記者・阿久津英士を津田健次郎、自らの過去について探るもう一人の主人公・曽根俊也を大河元気が演じる。ほか、ベルガモ代表で元記者の兼田健一郎ほか、全11名のキャストでオーディオブック化が実現している。価格は1,815円(税込)。長さは約17時間におよぶ。