スタジオジブリ初となる全編3DCG制作の長編作品『アーヤと魔女』が、2020年冬にNHK総合テレビで放送されることが発表された。

監督を務めるのは宮崎吾朗氏。イギリス人作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童向け小説を原作とする作品で、同作品を気に入った宮崎 駿氏によって企画されたとのこと。

本発表にあたり、プロデューサーを務める鈴木敏夫氏がコメントを発表している。

プロデューサー:鈴木敏夫 コメント

コロナの後、世界はどうなるのか? それが現在、いろんな人の一番大きな関心事です。映画やテレビだって、それを避けて通ることは出来ません。

『アーヤ』は、コロナ後に堪えられる作品なのか? ラッシュを見ながら、ぼくは何度も考えました。そして、この作品の大きな特徴は、アーヤの賢さだと気づきました。賢ささえあれば、どんな時代も乗り越えられる。そう思ったとき、安堵を覚えました。

『長くつ下のピッピ』が世界一強い女の子なら、『アーヤ』は世界一賢い女の子の物語です。憎たらしいけど、何故か可愛いアーヤ。いろんな人に愛されることを願っています。

ちなみに、アーヤは誰かに似ていると思ったら、この作品の監督である吾朗君そのものでした。それを指摘すると、吾朗君は照れ臭そうに、はにかんでいました。