今年で誕生から20周年を迎える人気ドラマシリーズ『相棒』の劇場版およびスピンオフ全6作品が、KDDIとテレビ朝日の動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」およびauスマートパスプレミアム会員を対象に、本日10月28日から見放題/先行独占配信を開始した。『相棒』映画シリーズが動画配信サービスで見放題となるのは今回が初めて。

見放題の対象となるのは、シリーズ初の劇場版作品『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』(2008年)、シリーズ初のスピンオフ映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(2009年)、『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』(2010年)、『相棒シリーズ X DAY』(2013年)、『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(2014年)、『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017年)の6作品。10月14日からSeason19がスタートしたばかりの『相棒』シリーズの歴史を語る上で欠かせない作品の数々を、一挙に楽しむことができる。

【配信作品一覧】

●『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』(2008年5月公開)

頭脳明晰な杉下右京と熱血漢の亀山薫。警視庁の窓際部署「特命係」の2人が、抜群のコンビネーションで難事件の真相を解明していく人気ドラマが、ついに映画化!右京と薫を演じるのは水谷豊と寺脇康文。鈴木砂羽、高樹沙耶、岸部一徳をはじめ、実力派レギュラーキャストたちは、TVシリーズで育ててきたキャラクターをより深みのある演技で魅せ、『相棒』ならではの、ストーリーに寄り添ったゲストキャラクターたちが物語を盛り上げる。

『相棒』の魅力をさらにスケールアップしたスピーディな展開とアクション、芳醇な人間ドラマと推理性・社会性を兼ね備えた極上のエンターテイメントが誕生する。

脚本:戸田山雅司、監督:和泉聖治

●『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(2009年3月公開)

ついに『相棒』シリーズ初となるスピンオフ映画が誕生。発行部数13万部を突破した「相棒シリーズ鑑識・米沢の事件簿〜幻の女房」(ハセベバクシンオー著・宝島社文庫刊)を原作とした物語は、杉下右京・亀山薫に次いで人気の高い警視庁鑑識課員・米沢守(六角精児)が主人公。指紋照合や映像解析といったマニアックな鑑識技術は勿論、これまでヴェールに包まれていた米沢守の私生活と心情がスクリーンに躍動する『相棒ファン』垂涎の映画となる。

原作:ハセベバクシンオー、脚本:飯田武、監督:長谷部安春

●『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』(2010年12月公開)

シリーズ10年目にして、初めて明かされる真実…劇場が“現場”となる、観客が“目撃者”となる。そして、歴史の“証人”となる。

劇場でしか描けない衝撃のストーリーと、テレビでは味わえないスケール感で、深みのある本物の人間ドラマが展開。重厚で味わい深い大人の楽しみと、衝撃的な結末が待ち受ける。

脚本:輿水泰弘/戸田山雅司、監督:和泉聖治

●『相棒シリーズ X DAY』(2013年3月公開)

『相棒』の真骨頂とも言える【社会派サスペンス】。【金融】という今日的なテーマに、【刑事の人間ドラマ】の魅力、そして橋本一監督の【アクション&エンターテインメント】の要素が渾然となり、まさに『相棒』だけが実現しうる最強のエンターテインメント作品が誕生。映画で初登場となるサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)と捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)の異色の相棒、杉下右京(水谷豊)を始めとするキャストも総登場し、ゲストとして国仲涼子、別所哲也、戸次重幸、関めぐみ、そして田口トモロヲも出演する。

脚本:櫻井武晴、監督:橋本一

●『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(2014年4月公開)

本作の主要な舞台となるのは東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ孤島。普段は人が足を踏み入れないジャングル、岩礁、断崖など、ここまで過酷な自然の中で捜査に奔走するのは初めて。『相棒』史上最高密度のミステリーが展開するストーリーと合わせて、テレビでは決して体験できない、まさに映画作品ならではの醍醐味に溢れた作品となっている。水谷豊、成宮寛貴をはじめとする出演者たちが口を揃えて証言するのは、本作がエンターテインメント性と社会派と極上のサスペンスが見事に融合した、これまでの『相棒』のエッセンスを総結集させた決定版的作品になっているということ。すべての『相棒』ファンを熱狂させる、過去最大の興奮に包まれた最高のミステリーがここに実現!

脚本:輿水泰弘、監督:和泉聖治

●『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(2017年2月公開)

『相棒』の劇場版4作目。過去のテレビシリーズの人気キャラクターが集結し、ミステリアスな国際犯罪組織に立ち向かう。7年前の英国での集団毒殺事件と少女誘拐、日本に持ち込まれた化学物質、世界的なスポーツ大会の凱旋パレード。点と点が線でつながった時、深い愛が生み出した壮大で悲痛なクライマックスが訪れる。これまでの『相棒』劇場版を超えるスケールに加え、サスペンスフルな展開とエモーショナルなラストシーンが待ち受ける。

脚本:太田愛、監督:橋本一