『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開45日間での累計興行成績は、興行収入が27,512,438,050円、観客動員数が20,532,177人となったことが発表された。

10月16日(金)より全国411館(IMAXシアター38館含む)の劇場で公開されている本作。公開7週目となる先週末の成績は11月28日(土)が興行収入556,443,300円/観客動員392,017人、11月29日(日)が興行収入448,060,450円/観客動員320,031人となっている。

公開6週目にしてついに、『タイタニック』の興行収入262億円を抜き去り、日本映画興行収入第2位の記録を塗り替えた。ここまでの伸びを見ていると、『千と千尋の神隠し』の興行収入308億円を超え、興行収入第1位を達成する可能性はかなり濃厚そうだ。むしろここからは、「公開何日で第1位を達成できるかどうか」に注目するべきかもしれない。