国立映画アーカイブは、企画上映「1980年代日本映画――試行と新生」を、2月16日(火)より約2か月半にわたり開催することを発表。また、全上映回の前売り指定券は2月10日(水)より、チケットぴあにて販売。なお、会場での当日チケット販売は行われないので注意したい。

日本が経済大国となり、消費社会が到来した1980年代。映画においても1970年代に始まる大作化の流れが一層顕著になる一方、若年観客向けのアイドル映画やアニメーションがヒットし、新たな企業やプロダクションが映画作りに参加、今日では「巨匠」と呼ばれるようなクリエイターも続々とデビューを飾った時代をフィーチャーした企画となっている。

時代の新しい流れを示した作品や、社会的に話題となった作品など計44本(42プログラム)を編成。その一例として、当時の日本映画の配収記録を更新した大ヒット作『南極物語』(1983、蔵原惟繕)や、国税査察官と脱税者との対決を描いて流行現象を巻き起こした『マルサの女』(1987、伊丹十三)、スキーブームを先導した『私をスキーに連れてって』(1987、馬場康夫)、ベストセラー小説を映画化して大正時代の銀座をオープンセットで再現した伝奇ファンタジー『帝都物語』(1988、実相寺昭雄)などを上映。

そのほか、現在も続く劇場用アニメーション人気定着の起源を探る上で、外すことができない80年代の傑作群として、『じゃりン子チエ』(1981、高畑勲)、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(1984、石黒昇・河森正治)、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988、富野由悠季)、『魔女の宅急便』(1989、宮崎駿)、また、今年ハリウッド版続編タイトルが公開予定となっている「ゴジラ」より、「VSシリーズ」1作目『ゴジラVSビオランテ』(1989、大森一樹)を35mmフィルム上映で楽しむことが出来る。

上映ラインナップ各作品は期間中2、3回の上映を予定している。上映日・時間等は本企画ホームページ参照のこと。

・開催概要

会期:2月16日(火)−5月5日(水・祝) ※休館日:月曜、3月29日(月)―4月7日(水)

会場:国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階]

定員:155席(収容率50%)