AKSとソフトバンクは、AKB48グループの劇場公演を、スマートフォン向けVRプラットフォームアプリ「LiVR(ライブアール)」にて2月3日よりVR生中継配信する。

AKB48チャンネル、SKE48チャンネル、NGT48チャンネルの3チャンネルを用意し、利用料金は各チャンネル1ヶ月3,300円。3チャンネルすべてを視聴できるAKB48グループチャンネルも月額8,800円で用意するほか、1日限定で各劇場のライブ配信を見られる1日視聴券も1,100円で用意している。VR映像のほかVRゴーグルを使用しない状態で映像を視聴できる「スマホモード」も利用可能。なお、LiVRはソフトバンクの運営するサービスだが、ソフトバンクユーザー以外も利用できる。

各劇場のステージ正面と上手側、下手側の3ヶ所にVRカメラを常設。ステージ正面のVRカメラは最前列席よりも前に設置されるため、迫力あるVR映像が視聴できるとアピールしている。本日開催された発表会には、柏木由紀さんを始めとするAKB48グループメンバーも登場。「いつでも最前列より前の超神席で見られる」とアピールした。なお、その他のAKB48グループの配信については「検討中」(発表会場での説明員)とのことだった。

また、VRゴーグルと各劇場の30日間VR無料視聴券がセットになった「AKB48劇場VRパック」「SKE48劇場VRパック」「NGT48劇場VRパック」を各4,500円で用意。AKB48グループ公式オンラインショップで本日1月16日18時より予約受付開始する。商品発送は2月1日からを予定している。

加えて、2019年12月8日に開催された「AKB48劇場14周年特別記念公演」のVRコンテンツを本日1月16日から無料配信。劇場公演のVR映像がどのようになるかを確認できるようにしている。

ソフトバンク常務執行役員の寺尾洋幸氏は、「ほぼ毎日行われている劇場公演を、1公演分のチケット代とほぼ同額で見放題になる」とアピール。

LiVRはこれまでにもソフトバンクホークスやバスケ日本代表の試合、フジロックフェスティバルなどでもVR配信を行うなど、来たるべき5G時代に向けて実績を積み重ねてきたことに触れながら「AKB48グループの劇場公演は抽選制でなかなか入れないと聞いているが、VRでいつでもどこでも見られるようになる。このようなサービスによって、5Gの価値が無限大になると考えている」と述べた。

そしてAKB48グループの面々も「私達は『会いにいけるアイドル』として劇場公演を大切にしている。いろいろな事情で劇場に来られない人にもVRで劇場の臨場感を楽しんでもらえるのはうれしい」(AKB48 柏木由紀さん)などと歓迎のコメント。

「劇場公演は抽選で席が決まるので、どんなに運がいい人でも毎回最全席は無理。だけどこれなら毎回最全席で観られる」(NGT48 本間日陽さん)など、サービスの魅力を口々に語った。