KDDI、沖縄セルラーは、第5世代移動通信システム「5G」の商用サービスとなる「au 5G」を3月26日から、全国15都道府県の一部エリアにて提供開始する。月額1,980円からの「ピタットプラン 5G」など5G利用の料金プランや、5G対応スマートフォン7機種の取り扱いも発表した。

5Gエリアは、上記の通り全国15都道府県の一部エリアにて提供開始し、2020年夏以降、全都道府県主要都市に展開。2021年3月に約1万局、2022年3月に2万局超にする予定だという。au公式サイトにて、3月末のエリア住所リストおよび4月末以降の予定エリアを公開している。

1,980円/2,980円/4,480円の3段階の月額料金が自動的に適用される「ピタットプラン 5G」などの料金プランを用意。データ通信が使い放題となるベーシックなプラン「データMAX 5G」(3,460円〜)や、「データMAX 5G Netflixパック」(4,260円〜)などのプランも3月26日から提供するほか、Apple MusicやYouTube Premiumも使い放題になる「データMAX 5G ALL STARパック」(5,460円〜)プランも6月以降に提供する。料金プランの詳細は別項でレポートする。

5G対応スマホとして、「Xperia 1 II」「Galaxy S20 5G」「Galaxy S20+ 5G」「AQUOS R5G」などを発売。OPPOの5Gフラグシップスマホ「OPPO FIND X2 Pro」、ZTEの「ZTE a1」はau限定での取り扱いとなるほか、国内通信事業者では初となるXiaomi製スマートフォン「Mi 10 Lite 5G」も発売する。5G端末の詳細も別項で紹介する。

また、5Gや最先端技術を活用コンセプトショップ、「GINZA 456(ヨンゴーロク) created by KDDI」 を2020年夏にオープン。Netflixが2020年4月23日から独占配信する最新作『攻殻機動隊SAC_2045』とコラボレーションし、渋谷の街中で同作品の世界観を再現するという「AUGMENTED Walk」など、5Gを活用した様々な取り組みも行っていくという。