EIZOは、映像制作向けのHDR対応27型4Kモニター「ColorEdge CS2740-X」を4月23日に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイトにて291,500円(税込)での実売を予定する。

昨年10月に発売された27型4Kモデル「CS2740」の派生モデルとして、HDRに対応するモデル。映像制作を想定し、映画や放送の国際規格に準じるカラーモードを備える。

基本的な仕様はCS2740を踏襲しており、ディスプレイの解像度は3,840×2,160。アンチグレアのIPSパネルを採用し、コントラスト比は1000:1、輝度は350カンデラ。また応答速度は10ms(中間調域)。

HDRでは放送向けのHLG(Hybrid Log Gamma)方式と、配信・映画製作向けのPQ方式に対応する。カラーモードでは、DCI-P3、BT.2020、BT.709といった映像用のものを備える。

色域はDCI-P3カバー率91%となっており、Adobe RGBのカバー率は99%。ハードウェアキャリブレーションに対応し、専用ソフト「ColorNavigator 7」と対応キャリブレーターとの組み合わせによる表示調整が可能。わずか1分半で正確な色表示を維持できるという。

出荷前には工場で1台ごとに調整が行われ、理想のガンマ値になるよう、RGBすべての階調を再割り当て。これにより、「モニターごとにばらつきのない、正確で滑らかなグラデーション表示を実現」しているとする。

輝度ムラや色度ムラを補正する「デジタルユニフォミティ補正回路」を搭載する。また、10-bit/12-bit入力に対応し、約10億色以上の中から最適な色を選択して表示することも可能。

入力端子では、USB Type-C、DisplayPort、HDMIの3系統を搭載する。USB Type-Cでは映像・USB信号の伝送、60Wの給電が1本のケーブルで可能。加えてUSB 3.1 Gen 1 Type-B入力を備えており、USB 3.1 Gen 1 Type-A ×2/USB 2.0 Type-A ×2のハブ機能も備える。

外形寸法は638W×404.1 - 449.1H×265Dmmで、質量は約10.3kg。付属品としてUSB Type-Cケーブル、DisplayPortケーブル、HDMIケーブルを同梱する。また別売オプションとして、ワンタッチで取付可能な遮光フードを用意する。