Razerは、ノートパソコン「Blade Pro 17」を7月3日に発売する。価格は298,909円(税抜)からで、スペック違いの3機種をラインナップする。

【300Hz フルHDディスプレイ搭載モデル】

・GPU「NVIDIA GeForce RTX 2070 Max-Q」/ストレージ「512GB SSD PCIe M.2」:298,909円(税抜)

・GPU「NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER Max-Q」/ストレージ「512GB SSD PCIe M.2」:378,000円(税抜)

【120Hz 4Kタッチディスプレイ搭載モデル】

・GPU「NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER Max-Q」/ストレージ「1TB SSD PCIe M.2」:462,545円(税抜)

同社ゲーミングノートPCの最新モデルとして、CPUは従来の「Core i7 9750H」から「Core i7 10875H」へとアップデート。2.3GHzのベースクロック速度、5.1GHz のターボブーストを誇る8コアCPUにより、「最新のAAAタイトルをプレイするのに十分なパワーを備えるだけでなく、必要な時には仕事にも最適なパフォーマンスを発揮」するとしている。

ディスプレイは、300Hz フルHDディスプレイと120Hz 4Kタッチディスプレイの2種類を用意する。いずれも狭額縁の17.3型で、キャリブレーション済みの正確な色彩をアピール。クリエイティブ作業にも最適だという。

またGPUはRTX 2070 Max-QとRTX 2080 SUPER Max-Qを用意するほか、ストレージも512GB/1TBの2サイズをラインナップ。M.2の空きスロットを1つ備えるため、容量の追加も行える。なおメモリはいずれのモデルも共通で、16GB デュアルチャンネル DDR4-2933MHzを搭載する。

インターフェースではUSB3.2(Gen2)対応のUSB-A×3/USB-C×1、Thunderbolt3ポート×1、2.5Gb有線LANポート×1、HDMI2.0b×1、SDカードリーダー(UHS-III対応)、アナログヘッドセット端子を搭載。無線LANはWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)にも対応する。外形寸法は約395×260×19.9mmで、質量は2.75kg。