安全保障、インテリジェンス、近現代史などに幅広く精通し、その知見から論壇誌への寄稿も多数の評論家の江崎道朗氏。

その新著『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』では、日本人の多くが“傍観者”だったと思いこんでいる朝鮮戦争において、実は中国、ソ連などの共産勢力が企てていた日本と台湾の侵略の危機という「知られざる歴史」が存在することを述べている。

本稿では同書より、中国共産党が台湾の「解放」を狙うものの「誤算」によって断念せざるを得なくなった状況に触れた一節を紹介する。

※本稿は江崎道朗著『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』(PHP新書)より一部抜粋・編集したものです。

スターリンから韓国侵略の許可を得た北朝鮮

中国共産党が台湾「解放」(軍事侵攻と併合という意味)の準備に奔走していた1949年4月、モスクワでは金日成が「北朝鮮による韓国攻撃によって南(韓国)では、韓国の共産主義者たちが蜂起し、ごく短期間で容易に南(韓国)を制圧できる」などと主張し、スターリンから「朝鮮統一」の許可をもらっていた。

ゴンチャロフ氏らは、スターリンには、次の四つの思惑があったと分析している。

一、朝鮮半島全体を共産圏に入れることにより、ソ連の安全保障のための緩衝地帯を拡大する
二、来るべき大戦に備えて日本攻撃の橋頭堡(きょうとうほ)を確保する
三、米中間に楔を打ち込む
四、アメリカ軍を欧州から離れたところに釘付けにする

スターリンにとって朝鮮戦争は「来るべき大戦に備えて日本攻撃の橋頭堡(足場)を確保する」という意味合いがあったことは、記憶に留めておくべきだろう。

スターリンは金日成の要請に応え、その後二カ月間で北朝鮮軍を大増強したほか、ソ連軍の将校に命じて作戦計画を作らせた。その結果、開戦時の北朝鮮の戦力は、兵員と火砲が韓国の二倍、重機関銃七倍、戦車6.5倍、航空機6倍に達した。

作戦計画を作ったソ連軍将校らは、進軍速度一日あたり15〜20キロで、22〜27日以内に勝利できると見積っていた。

一方、毛沢東は、台湾「解放」計画に没頭していた。台湾対岸に兵力を集めるのに予想外に手間取ったため、6月初め、中央軍事委員会は台湾攻撃を1951年夏に延期したが、本土と台湾の中間にある重要な島の攻略は進める計画だった。


北朝鮮軍の猛攻とアメリカ第七艦隊の台湾派遣

そして運命の6月25日。北朝鮮軍は38度線を越えて韓国攻撃を開始し、28日にはソウルを陥落、またたく間に韓国軍を釜山まで追い込んだ。

北朝鮮の緒戦の勝利は目覚ましかったが、大きな誤算があった。

第一は、金日成の予測に反して、韓国では北朝鮮の攻撃に呼応する革命蜂起が起きなかったことだ。北朝鮮の攻撃に呼応して韓国にいる共産主義者たちが立ち上がってくれると期待したのだが、実際はそのような動きはほとんどなかったのだ。

この段階ですでに毛沢東は、北朝鮮が短期間では勝てないと予測した。中国共産党中央軍事委員会は7月7日、中朝国境に部隊を配備して中国の安東(現在の丹東)と北朝鮮の新義州のあいだの橋を防衛することなどを決めている。

第二の誤算は、トルーマン政権がそれまでの不介入方針をかなぐり捨てて、直ちに行動に移ったことである。

国連安保理事会は6月27日、北朝鮮を侵略者として非難し軍事行動を停止するよう求める決議と、北朝鮮への武力行使を認める決議を矢継ぎ早に可決し、7月7日にはアメリカ軍司令官の下での国連軍(正式には「国連派遣軍」。米軍を中心に22カ国が参加した)編成を決定した。

同時に台湾に関してもトルーマン政権は不介入方針を撤回して、六月二十七日、台湾海峡に第七艦隊を出動させた。朝鮮戦争に気を取られて、台湾を取られないよう、あらかじめ手を打ったのだ。

毛沢東にとって、朝鮮戦争への米軍介入よりも、台湾海峡への米海軍出動こそが痛恨の出来事だった。