子どもの心をしぼませる 家族の「NG会話」

子どもの心をしぼませる 家族の「NG会話」

◆子どもの心がしぼまないように

家庭内の会話がどういうものかによって、親子はもとより夫婦、姑との関係は良くも悪くもなります。そして家庭内の人間関係が良好だと、その家庭は明るく幸せに満ちたものになるのではないでしょうか。

思ったときに、思ったことを何でも言える自由な雰囲気のある家庭環境で育った子どもは、目を輝かせ、自分に無心で、個性豊かでイキイキとしています。

子どもはひらめきで、想像力を膨らませて話しますから、そんなとき、お母さんはちょっと手を休めて、子どもの話に耳を傾けましょう。相づちを打ちながら「楽しそうだね。すごいね。そんなこと知ってるんだ。さすが頭いいね」と言ってあげると、子どもは気持ちをわかってくれて嬉しい、と満面、笑顔になります。そんな聞き上手なお母さんは、子どもと会話のキャッチボールを楽しめます。

ところが、子どもが話し始めたとき、「えー、ウソー。本当? 信じられない。何を言ってるの? そんなことより手を洗ったの?」などと言ってしまうと、その心ない言い方で会話が途切れてしまい、子どもの心の風船はしぼんでしまいます。

子どもはただ話したいだけ、聞いてほしいだけなのです。話を聞いてくれているということは、自分は受け入れられているということ。その安心感で子どもの心は満たされるのです。

ほかにも次のような言葉をつかっていませんか? お母さんの話し方、聞き方次第で、子どもは友だちとの関係も上手になっていきます。

安心感は、すべてのやる気の源なのです。

【NGワード9】

1 恥ずかしいでしょ

2 そんなこと言うと友だちに嫌われるわよ

3 おもちゃ片づけないと全部捨てるよ

4 え〜とえ〜とはいいから早くしゃべりなさい

5 どうして早くできないの?さっさとしなさい

6 すぐ泣かないの!

7 お父さんに言うからね

8 言うこときかない子は知りません

9 夕ごはん抜きにするよ

 


関連記事

PHPファミリー のびのび子育ての他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索