◆こんなダメ行動、心当たりはありませんか?

NG1 過剰な買い込み
パスタや缶詰め、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなどを必要以上に買い込んでいませんか? 過剰な在庫はスペースと家計を圧迫します。トイレットペーパーなら1カ月分と決めて、1つ使ったら1つ買い足すローリングストックを。

NG2 食材のまとめ買い
食材のまとめ買いの量が多く、使いきれずに処分してしまったり、まとめて作りおきおかずを作っても食べずに傷んでしまったり......という人も多いのでは? 買い物に行く回数を減らすのはよいことですが、管理しきれないほどのまとめ買いはNG。

NG3 保険の安易な解約や食費の削りすぎ
コロナ禍で収入の減少などを受け、家計を心配するあまり、保険を解約しすぎて必要な保障(補償)額が不足したり、食費など必要な費目の予算まで削りすぎていませんか? これではいざというときの安心感もないうえに、家庭不和の原因にも。

NG4 夜中のネットショッピング
在宅時間が増えたことで、インターネットでの買い物が増えた人も多いと思います。とくに夜中のネットショッピングは、なんとなくノリで買ってしまうことも多いはず。夜は判断能力が落ちやすく、ムダな買い物が増えやすいので注意が必要です。

NG5 定額サービスの購入
健康やコロナ太り解消のためにサプリを定期購入したり、外出ができないため動画コンテンツなどのサブスクリプションサービス(定額サービス)に加入したり。毎月の支払いは少額でも、年間で考えると大きな出費に。不要なら早めに解約手続きを。

◆コロナ禍は節約を見直すいい機会〜ピンチをチャンスに変える

コロナ禍においては、収入が減る不安を感じている方も多いでしょう。残業代や諸手当のカット、ボーナスの減額など手取りの収入が減るだけではなく、雇い止めや希望退職の実施など、職と収入を失うことも他人事ではありません。
しかし不安ばかり抱えていても改善することはありません。また、情報に振り回されてもムダな出費が増える原因になります。家計を守ることは家族を守ること。家族で話し合う時間を持ちやすい今こそ、朝や夜の余裕のあるときに、お金の流れと出費の優先順位を考えて、出すべきお金と抑えるべきお金のメリハリをつけて、生活の基盤をしっかりと固めることが大切です。
たとえ収入が減ったとしても、柔軟性のある家計にすることでピンチもチャンスに変えることができるはずです。