音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、明治座での舞台公演の原作にもなった、立川志の春の新作落語『阪田三吉物語』についてお届けする。

 * * *
 1月7日から23日まで明治座で三山ひろしが初座長公演を行なう。演歌歌手としての「オンステージ」は第二部で、第一部は三山が主役を務める舞台「阪田三吉物語」。原作は立川志の春の新作落語だ。

 志の春は2018年に語り芸の可能性を広げる実験的な会「志の春サーカス」を始め、シェイクスピアの『冬物語』の落語化や長唄とのコラボなどを行なってきた。『阪田三吉物語』はその第1回で「人物伝」をテーマに創作した噺。その後も何度か再演されているが、今回の明治座公演を前に大幅にバージョンアップされ、11月26日の新宿角座「志の春落語劇場」で披露された。

 戯曲『王将』のモデルとなった天才棋士の波乱万丈の生涯を描く『阪田三吉物語』は1時間40分に及ぶ大作。これを志の春は前編・後編に分けて演じた。阪田三吉というと「破天荒な夫を支える女房」が印象的だが、志の春は関根金次郎とのライバル物語に焦点を絞ることで、新たな阪田三吉像を提示している。

 まずは地の語りで江戸時代に幕府が「名人」制を定めたこと、それは一世一代の終身制だったこと、昭和10年代に十三世名人が自ら名人位を返上して今に至る「実力制」が始まったことに触れてから物語へ。これが終盤で大きな意味を持つ。

 堺に育った三吉は幼くして将棋に夢中になり、我流でメキメキと腕を上げて、二十歳の頃には賭け将棋の世界で無敵となったが、東京から武者修行に来た二歳年上のプロ棋士・関根金次郎に惨敗する。この二人の出会いと因縁を、志の春は双方の関係者の証言と回想シーン、そして地の語りを巧みに織り交ぜて描いていく。志の春は普段は東京言葉だが、実は大阪出身。なので三吉やその周辺の人々の関西弁が実に自然だ。

 10年後の再戦でも関根に敗れ、プロになる決意をする三吉。ここまでが前編で、後半では「銀が泣いている」の名台詞で知られる大正2年の関根八段との東京での対局が描かれ、この名勝負を経て三吉は改めて、宿敵の関根が自分にとっての「心の師」であることに気づく。

 やがて十三世名人位を巡って三吉を襲う悲劇。晩年、関根の死を知った三吉の独白が胸を打つ。志の春は、関根の後を追うように亡くなった三吉の、没後の名誉回復について地で語った後、二人の出会いに隠された心温まるエピソードを描き、感動の余韻を残した。この見事な構成は、師匠の志の輔が良い手本となっている。掛け値なしの名作と言っていい。二ツ目になって今年で10年目、いつ真打になってもおかしくない。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号