固定観念は悪。先入観は罪──。1990年代にヤクルトの監督として黄金時代を築いた野村克也氏(享年84)はそう信念を持ち、指揮を執っていた。実は、CS『ホームドラマチャンネル』で再放送中の『教師びんびん物語』(1988年4〜6月、フジテレビ系の月曜夜9時枠で放送)にも、野村氏の格言が当てはまる。

『熱中時代』(日本テレビ系)、『3年B組金八先生』、『スクールウォーズ』(ともにTBS系)など大半の学園ドラマは、通常“別れの春”である3月に最終回を迎える。必然的に“卒業”がクローズアップされ、感動のクライマックスが訪れる。それなのに、なぜ『教師びんびん物語』は“出会いの春”に放送され、高視聴率を獲得できたのか。

 フジの月曜夜9時枠は1987年3月限りで萩本欽一の『欽ドン!』シリーズが終了し、4月から連続ドラマになった。現在の『月9』は“3か月で1本”で全11話前後だが、同年4月から12月までの作品の放送期間と回数はバラバラだった。

4月6日〜5月11日 『アナウンサーぷっつん物語』6回
5月18日〜7月27日『男が泣かない夜はない』11回
8月3日〜9月21日 『ラジオびんびん物語』8回
10月5日〜11月9日 『ギョーカイ君が行く!』6回
11月16日〜12月21日『荒野のテレビマン』6回

 当初、フジテレビの第一制作部が4月からの連続ドラマを進めていたが、間に合いそうもない状況だった。放送2か月前に突然、方針転換がなされ、編成部が制作会社と協力して何とか形にしたのだ。当時、編成部所属で、第1弾『アナウンサーぷっつん物語』の企画者である亀山千広氏(現・BSフジ社長)はこう語っている。

〈2時間ドラマを作るつもりでキャスティングしていた役者さんで急きょ作ったのが、『アナウンサー―』だった〉(『月9ドラマ青春グラフィティ』1999年11月発行)

 1987年の作品は、編成部主導で慌ただしく制作されていたのだ。その中で、亀山氏が企画した『ラジオびんびん物語』は、田原俊彦と野村宏伸の新鮮なコンビが受け、同年の『月9』唯一の視聴率20%台を記録(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同。8月10日・2話20.5%)。

◆「打ち上げどころか彼は、本番中に子供たちと泣いた」

 好評を受けて、翌年4月から“びんびんシリーズ”の続編を作ることになった。だが、放送の4か月前になっても、まだ設定すら決まらない。亀山氏は、制作を請け負う東宝本社のある銀座に何度も出向いていた。

〈師走の銀座は賑わっていた。そんな情景がこちらの焦りに拍車をかける。ふと、行き交うサラリーマンや買い出しに忙しい主婦などの間をすりぬけるようにして進んでいくランドセル姿の小学生を目にした。(中略)向う側から迫ってくる大人の群れを必死でかきわけていく小さな背中が、何ともたくましく、思わず「がんばれよ」と声をかけたくなった。その時“これだ!”と思った。龍之介と榎本を学校の先生にしたい!〉(『調査情報』1992年7月号)

 こうして、“学園ドラマ”というコンセプトが生まれた。1979年『金八先生』の生徒役でデビューした田原俊彦が教師役を務める。田原の父親が小学校の教師だったことも因縁を感じさせた(※のちに亀山氏はこの事実を知る)。これらは、新聞や雑誌の見出しになるトピックであり、最初に視聴者を惹き付ける大きな宣伝材料となった。

 ただ、それだけでは興味は続かない。亀山氏の企画をもとに、脚本家の矢島正雄氏が「都心の過疎学校を舞台にしたい」と提案。バブル景気に沸いていた当時、東京・銀座の土地価格は驚くほど高騰し、住まいを郊外に移す子持ちの家庭が増え、小学校の統廃合の話が持ち上がっていた。

 ドラマは、銀座第一小学校の5年1組(生徒16名)に徳川龍之介先生(田原俊彦)が赴任するところから始まった。時代背景に即した絶妙な設定で、初回24.9%と当時の『月9』最高視聴率を叩き出し、その後も20%前後を推移した。

 世知辛い現実に対して、「教育とは愛だ」と理想を語る熱血教師・徳川龍之介の姿が視聴者の心を捉えたのだろう。田原は『教師びんびん物語』シリーズ人気の秘訣について、こう分析していた。

〈時代に合ってるんじゃないかな。徳川龍之介のキャラクターっていうのは、非常に端からみたら赤面するようなとんでもないこと言うでしょ。(中略)“愛はどうのこうの”、愛を語り始めるでしょ。その部分って、けっこうみんな本音として持ってて、でも、それが言えなかったりして。彼が言うとさらりと受け入れられたりする。シリアスなところと、とんでもない大ボケなところがある。その辺のギャップがいいんだと思うんだけど〉(『オリコン』1989年5月15日号)

 徳川が真面目に熱く語るシーンもあれば、「せんぱ〜〜い!」と慕う後輩教師・榎本英樹(野村宏伸)との掛け合いで和ませる場面も随所にあり、視聴者を飽きさせなかった。

『教師びんびん物語』は4月4日に始まり、6月27日に終わる。学園ドラマの定番である卒業式はなかったが、銀座第一小学校の廃校が決まり、徳川と生徒は1学期終了とともに別れを迎えた。最終回、徳川が直筆の卒業証書を生徒ひとり一人に渡し、クラスは涙に包まれた。亀山氏はのちに、こう振り返っている。

〈顔合わせの日、田原が、緊張している子役たちを見て、私にこう言った。「この子たちが、打ち上げの日に本当に泣いたら、この番組は当たるネ」。打ち上げどころか彼は、本番中に子供たちと泣いた。あの印象的なラストシーンである〉(前掲『調査情報』)

 設定によって、6月終了ながらも自然な形で学園ドラマに欠かせない“別れ”を盛り込んだ『教師びんびん物語』は最終回23.7%、全話平均視聴率22.1%を記録。この時点での『月9』最高であり、初期の同枠を牽引する人気シリーズとなった。もし亀山氏の頭に「学園ドラマは卒業シーズンに放送すべき」という固定観念があったら、名作は生まれなかっただろう。

◆文/岡野誠:ライター。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では『教師びんびん物語』や『抱きしめてTONIGHT』のヒットを、野村宏伸などへの取材や膨大な資料から多角的に分析。好きな徳川龍之介の台詞は〈人生は闘いだ。自分の生きていく場所を用意して貰えないことだってある。そしたら自分で、自分の場所を作らなければいけない〉