新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)の「相続問題」が浮上しているという──。

 2階建ての日本家屋に広がる、手入れの行き届いた庭。門扉の左右に設けられた献花台には、たくさんの供花とともに、故人が大好きだった焼酎やビール、ウイスキーなどが供えられている。

 急逝した志村けんさんの実家に、多くのファンが訪れている。この献花台は、現在この家に暮らす兄・知之さん(73才)の手作りだという。

「有難いことにお供えがどんどん増えるから、家にあった板で作ったんです…ただ、本当に急すぎることでした」(知之さん)

 あっという間の出来事だった。志村さんは3月19日に発熱と呼吸困難の症状が出ると、それからわずか3日で意識を失った。入院後は感染拡大防止のため、家族も含め誰一人として面会することなく、3月29日に帰らぬ人となってしまった。

 突然の最期が、あまりにも悲しい現実を知之さんに突きつけた。知之さんは記者に、こうつぶやいた。

「近く税理士と打ち合わせをするんです。弟の遺産のことで…(遺産について)何も把握していませんよ…」

 志村さん本人、そして遺族にとっても全く予期せぬ相続問題が起こっていた。

「バカ殿」や「変なおじさん」など、誰もが知るキャラクターを生み出した志村さんは、高校卒業間際にいかりや長介さん(享年72)に弟子入りし、芸人人生をスタートさせた。加藤茶(77才)の付き人として下積み生活を送った時期もあり、当時の月給はわずか5000円。ザ・ドリフターズのメンバーが出前で頼んだラーメンの残りのスープで、飢えをしのいだこともあった。

 しかし24才でザ・ドリフターズに加入すると、瞬く間にお茶の間の人気者になる。収入も増え続け、38才の1988年にはタレント部門で高額納税者のトップに立った。当時の所得は、個人で約1億6000万円、個人事務所が約1億4000万円。合計で3億円を稼ぎ出している。

 まさに億万長者となっていた志村さんだが、当時のインタビューでこう答えている。

《これだけ働いてんだから、(ギャラを)これだけはくれ、とはいいます。だけど、もっと儲けたいとか、いくら貯めたいなんて気はないなぁ。ま、食い物の値段を気にせずに食べられるようにはなりましたけどね》

 その言葉通り、豪快な金遣いは有名だった。

「撮影後にスタッフを連れて、週に1〜2回は飲みに出掛けていました。週の飲み代は100万円、年間で5000万円以上は使っていた。馴染みの店では、店員へのチップも欠かさない。ファンだという女性とも気軽に食事に行き、“1回のメシで10万円かかったよ”と大笑いして、楽しそうに話してくれたこともありました。交際もきれいな人で、長くおつきあいした女性と別れるときには、まとまったお金を渡していたようです。スマートな引き際だからか、トラブルはほとんどなかった」(志村さんの知人)

 連日、夜の街に繰り出しては、深夜3〜4時までハシゴ酒。ザ・ドリフターズに加入して以来の日課となり、40年以上継続していた。前出の知人が打ち明ける。

「あの志村さんのことですから、数十億円の莫大な蓄えがあると思いきや、そこまでたくさんあるわけではないようです。お世話になった人に恩返ししたいという思いで、お金を使い続けていたからなぁ」

◆「鳴き声を聞いていると、私も悲しくなって」

 志村さんは、わかっているだけで2つの自宅と、1つの別荘を所有している。1つめは東京・港区にあるマンションで、事務所兼自宅として1981年に購入。2つめは、1987年に土地付きで三鷹市に構えた一戸建て。当時、4億円と報じられた豪邸だ。

 別荘は、1997年購入の静岡県熱海市に建つタワーマンション。見晴らしのいい高層階の一室を手にしている。

「現在の価値は当時より下がってはいるでしょう。長年、億単位の年収はあった人ですが、財テクには興味がなかった。不動産と預貯金を合わせても、遺産は10億円ほどじゃないでしょうか」(芸能関係者)

 志村さんにしては少ない気もするが、その行方はどうなるのか。

 志村さんは生涯、独身を貫き、子供もいない。両親と祖父母も他界されているため、相続人は兄弟に。

 志村さんは3人兄弟の末っ子。遺産は2人の兄が分け合うとみられる。兄が弟の遺産を相続するという、考えてもいない状況に知之さんは困惑している。

「あまりにも急だったので、(遺産に関して)一切話せていないんです。普段は年に1回会うぐらいだから、不動産のことも何もわからない。とりあえず準確定申告をしなければいけないので、税理士さんと相談することにしています」(知之さん)

 もう1つ気になるのが、志村さんが三鷹の自宅で一緒に暮らしていた2匹の愛犬だ。4月上旬、自宅を訪れると、実家同様に自宅前は献花で埋め尽くされていた。家の中からは、犬の鳴き声が漏れ聞こえてくる。近隣住民が言う。

「志村さんがリードを持って散歩する姿を見かけたこともありますよ。大きいの(ゴールデンレトリバー)と小さいの(柴犬)がいるから、2回に分けて散歩する。ワンちゃんも志村さんに懐いていてね。いままで吠える声なんて聞こえて来たことはないんだけど…一昨日から時間をおいて、何回も吠えている。急に帰って来なくなったご主人様を待っているのかな。鳴き声を聞いていると、私も悲しくなってきてね」

 自宅からマスク姿の小柄な女性が、門扉を開けて外に出てきた。明るい茶色のメッシュの入ったロングヘアで、アイドルのようなかわいらしい容姿。両手に大きなゴミ袋を2つ抱えている。

「いまはワンちゃんたちの相手は私がしています。様子ですか? やっぱり寂しそうです。でも、おかげさまで引き取り手は決まりまして…落ち着いたら事務所の方から発表します」

 志村さんはコント作りにおいて、キッチリと“手順”を踏むことを大事にしていたという。だが、新型コロナの脅威は、志村さんの“最期の段取り”を狂わせてしまった。

※女性セブン2020年4月23日号