かつて「女子アナ帝国」と呼ばれ、1980年代から視聴率三冠王を独走したフジテレビ。激動の1980年代、現場にいた関係者はどのように女子アナを採用し、番組に起用していたのか。1963年にフジに入社し、アナウンサーとして同社を支えた露木茂氏が当時を振り返る。今でこそフジテレビも含めた民放各局は正社員としてアナウンサーを採用しているが、当時は契約社員であることが多かった。

「僕の同期の女性アナはみんな4年契約で、その壁を突き破ることが最初の変革でした。

 私は部長になった1985年からアナウンサー試験の採用担当を10年ほど務めました。好調な時代でしたが、その間の採用基準は『自分を素直に表現できて、なおかつ親しみが持てるキャラクター』でした。その結果、報道からワイドショー、バラエティへと女子アナの仕事の幅が広がりました。昔のアナウンサーは感情を表に出さず、事実を淡々と伝えるスタイルのため、堅苦しくよそよそしい存在になっていた。我々はそのイメージを壊して、自分自身を画面の中で正直に表現できる人を求めていたんです」

 1980年代中頃からは、社内の様々な部署から「女子アナをメインで使いたい」という要望が増加した。

「知名度が上昇し、多くの番組が女子アナを求めてきた。そこで名を上げたのが『ひょうきんアナ』として人気が出た長野智子君ですね。

 そしてやはり“三人娘”(河野景子・八木亜希子・有賀さつき)。彼女たちは明るく聡明で、柔軟性があったため色々な番組に対応できた。この頃は採用する側が基準を変えたというより、時代と番組の変化によって受験生の質やタイプが変わってきた」

『ひょうきん族』にディレクターとして参加していた三宅恵介氏も「不可欠な存在だった」と述懐する。

「『ひょうきん族』で初めて現場から指名したのが、長野アナでした。お天気をチャーミングに報じる姿を見て、『芸人の良い受け皿になる』と感じたんです。

 作り手からすると、良い意味でタレントを淡々といなすことができる女子アナが重宝された。明石家さんまさんと組んだ八木アナなんかが好例です。女子アナ自身は無理にキャラを作らず、自然な素の感じを活かせばいい。いまのディレクターはそれが分かっていない気がしますね」

 彼女たちをスターに押し上げた抜擢の裏には、ある“組織”の存在があった。

「各部門のプロデューサーが集まって、“アナウンス委員会”を立ち上げたんです。野球に詳しくない中井美穂を『プロ野球ニュース』で使おうと意見が出たのもここで、“化学反応”を生み出す土壌があった」(露木氏)

 そんな露木氏の目から、いまのフジテレビの女子アナをどう見えるのか。

「とにかく大人しい。地上波以外にも自分を伸ばすチャンスは増えたのだから、もっと伸び伸びと番組作りをしてほしいですね」

 まだ“蕾”の現役アナたちは今後、個性を咲かせて“大輪の花”となれるか。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号