“ぐっさん”の愛称で知られるお笑いタレントの山口智充が、今年4月から地上波全国放送のレギュラー番組がゼロになり話題となった。しかし本人はとりたてて焦りや不安を感じていないという。なぜだろうか。

 2008年から放送開始した土曜朝の情報バラエティ番組『にじいろジーン』が、2020年3月28日をもって終了した。それにより同番組で長年MCを務めてきた山口は、地上波全国放送でレギュラー出演する番組を失うことになる。

 しかし4月24日に放送されたトークバラエティ番組『ダウンタウンなう』にゲストで出演した際、彼は焦りや不安がまったくないと主張していた。芸能界に依存せず、「山口智充という人をエンジョイする」ことを中心にしてきたからだという。

 たしかにお笑いだけでなく、俳優として映画やテレビドラマに出演し、さらにミュージシャンとしても活動を行なっている山口は、どこかひとつの業界に依存することがないように見える。それは類稀な芸の持ち主である山口智充という才能がつねによりどころとなっているからなのだろう。

 お笑いコンビDonDokoDonとして1994年にデビューした当初から、山口はモノマネや声帯模写に秀でた異色の存在だった。そのレパートリーは歌手や俳優など著名人のモノマネはもちろん、セミやウグイスなどの動物、あるいは花火やヘリコプター、さらに“戦後ラジオから流れる歌謡曲”までこなす多才ぶり。2004年に放送された大河ドラマ『新選組!』で永倉新八役を演じた彼が、オウムの声としても登場していたというエピソードはファンの間で広く知られている。

 もともとミュージシャンを目指していただけに、音に対する感覚が鋭かったのかもしれない。ミュージシャンとしては雨上がり決死隊の宮迫博之とともにデュオ・ユニット「くず」を結成し、2004年にリリースされた3rdシングル「全てが僕の力になる!」でオリコンチャート1位を獲得。その後2009年には1stアルバム『(有)山口モータース』でソロ・デビューを飾り、これまで4枚のアルバムをリリースしてきている。

 コントや漫才のネタの面白さがウリの芸人と比べると、歌もモノマネも、山口智充という人間にしかできないような芸だと言っていい。その実力についてお笑い評論家のラリー遠田氏は、「前衛的で高度な芸を持ちながらも、素のキャラクターは爽やかで優しくてあたたかみがある。この二面性こそが山口さんの芸人としての魅力」と評する。

「山口さんは芸人としてはトップクラスの芸達者です。モノマネ、歌マネ、音マネなどの多彩なレパートリーを持ち、歌唱力も抜群。しかも、単に真似るだけにとどまらず、テレビでは放送できないようなマニアックな下ネタモノマネも得意としているため、芸人の間でも一目置かれています」(ラリー遠田氏)

 さらに注目しておきたいのは、地上波全国放送以外に目を向けると、山口には現在もなおレギュラー出演している番組が複数あるということだ。なかでも東海テレビのバラエティ番組『ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜』は、今年で放送開始から18年目を迎えるほどの人気ぶりだ。

「タレントとしては『ぐっさん家』という名古屋のローカル番組を長く続けていて、そこを活動の拠点にしています。山口さんが東海地方の各地を巡って、地元の人と触れ合ったりするこの番組では、山口さんの素の部分が見られます。地元では驚異的な視聴率を誇る人気番組です」(同前)

 他の誰にも真似できないような芸達者ぶりと、地方の番組で愛される人柄の良さ。こうした二つの顔を併せ持つ山口の魅力は、芸能界で生き残ることだけが目的の芸人とは一線を画している。先に触れた『ダウンタウンなう』で彼は、芸人に対するステレオタイプなイメージに比して「僕はけっこう特殊だと思う」と述べつつ、次のような希望を語っていたのだった。

「ライヴハウスとか小さい小屋でめちゃくちゃ面白いことをやってる人はいっぱいいるわけじゃないですか。そういうのをエンターテインメントを見る一般の人たちがもっと幅広く楽しんだら良いのになって思うんですよね」

 テレビで見る機会が減ったとしても、“ぐっさん”はこれからも彼にしかできないような一流の芸を披露し続けることだろう。その姿を見つけられるかどうかは、おそらく視聴者がエンターテインメントを幅広く楽しめるかどうかにかかっている。

●取材・文/細田成嗣(HEW)