過ちをおかせば報いを受けるのは常。だが、厳しく叱りさえすれば事態は改善するのかといえば、どうだろうか。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 新型コロナウイルスで落ち着かない日々ですが、それはそれとして、今こそフェミニズムの踏ん張り時ではないでしょうか。このままでは、せっかくの先人たちの努力が水泡に帰してしまいます。声を上げて戦ってきた先人たちのおかげで、男女が平等であることは大切だという当たり前の認識が少しずつ広がってきました。

 いっぽうで一部の「フェミニスト」の狼藉っぷりや「フェミニズム」の名の元に行なわれる一部の残念な行動は、多くの人の眉をひそめさせています。その手の人たちがその手の行動を繰り返すようなら、ますます「フェミニストは怖い」「フェミニズムは面倒臭い」という歪んだイメージが強まってしまうでしょう。

 ここまで読んで、脊髄反射で「こいつはフェミニズムを分断させようとしている!」「ありもしないレッテルを貼ってフェミニストを迫害しようとするミソジニストだ!」とレッテルを貼ろうとする人もいるかもしれません。今の日本で「フェミニスト」や「フェミニズム」という言葉に、マイナスのイメージがないと本気で思っているなら、仮にあるとしても原因は男性側にあると本気で思っているなら、それはかなり偏った認識です。

 もちろん、今のような状況はよくないと思っているからこそ、フェミニズムがもっと定着して、男性も女性もフェミニストであることが当たり前の世の中になってほしいと願っているからこそ、おせっかいを承知で、キツイお叱りを覚悟で、わざわざ言わなくてもいいことを申し上げる次第です。わかってくれる人がいると信じつつ。

 ほかでもありません。まず取り上げたいのは、4月23日深夜のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』における、岡村の呆れた発言のことです。最近は「radiko」という便利なもの(アプリ)があるので、いちおう前後の流れも含めて聞いてみましたが、あれはゲスで無神経で失礼です。そりゃ、いろんな人に叱られるでしょう。

 しかも、最近は「問題発言」を拾ってまとめてくれる親切なニュースサイトもあるし、発信力の大きな人が手練れの技を駆使して読んだ人の感情を激しく揺さぶる伝え方をしてくれます。断片的な情報として受け取ったら、さぞ腹が立つに違いありません。深夜のラジオだけだったら知ることもなかったのに、便利な世の中になったものです。

 当然ですが、岡村を擁護する意図も義理もありません。多くの人が批判の声をあげて大炎上したことで、彼の言葉に潜んでいる差別意識や勘違いがあぶり出されました。私も含めて「自分の中にも彼と同じ差別意識があるのではないか」と胸に手を当てて考えた男性も少なくないでしょう。番組関係者に限らずメディア関係者全員が、何がいけなかったのか考え、今後同じ過ちをしないようにしようと肝に銘じたに違いありません。

 翌週4月30日深夜の同番組で、岡村は自分の発言について謝罪と反省の言葉を何度も繰り返しました。当然のことです。さらに、相方の矢部浩之が登場して公開説教を展開。ふたりの関係が悪化していることをぶっちゃけつつ、なぜ距離ができたのか、矢部が岡村を長年どう見ていて、どんな違和感や怒りを感じていたのか。そんなことを忌憚なく本人にぶつけるという迫力の内容でした。いいものを聞かせてもらったという印象です。

 問題発言が波紋を呼び、多くの批判が寄せられたことで、プラスの副産物がたくさんありました。フェミニズムの考え方に後押しされて、フェミニストの人たちが積極的に声を上げてくれたおかげです。ただ、よかったことばかりではありません。彼の発言が話題になった直後の4月29日に、ネット上で【女性軽視発言をした岡村隆史氏に対しNHK「チコちゃんに叱られる」の降板及び謝罪を求める署名活動】が立ち上がります。

 なるほど、そのぐらい激しく怒っている人もいるだろうし、署名を呼びかけるページにある「そのような発言をする人物が子供に影響を与える番組でMCを務めるのは不適切であると考える」という理由に賛同する人もいるでしょう。しかし、彼の発言を問題視する人の中にも「それって単なるリンチではないの」「彼の仕事を奪おうとしてしまったら、差別している側と同じことになるのでは」と思う人もいそうです。

 ただ、いわゆる「フェミ界隈」で大きな発言力を持っている方々の中で、「それはおかしい」と疑問を呈している人は知る限りでは見かけません。「私も署名しました」という賛同の声は見ました。「フェミニズム」や「フェミニスト」のイメージダウンにつながりかねない案件かと思いますが、「仲間内」での批判はタブーという暗黙のルールがあるのでしょうか。気に入らないヤツは叩き潰してもいいという考え方に疑問を持たない人だけが、日本の「フェミニズム村」に入れてもらえるのでしょうか。

 いっぽう、自らの女性器を型どりした「デコまん」で知られる漫画家のろくでなし子さんのように、相互監視が強そうな「フェミニズム村」とは一定の距離を置いているフェミニストは、署名運動の暴力性や欺瞞性をいろんな角度から批判しています。たとえば彼女は、4月29日にこうツイートしました。〈岡村さんを許せないあまりに、NHKの番組を降板させろ!と制裁を下したがる人達に、戦争中に不謹慎な事を言った人を隣組が通報するのを彷彿とさせられる。〉(抜粋)。こうした冷静で客観的な意見を持つ人は、けっして少なくありません。じつにありがたく、頼もしいことです。

 日本の保守本流の「フェミニズム村」は、この署名に関してだけでなく、冷静で客観的な意見を一蹴し、あるいは聞こえないフリをして、次々に標的を見つけては感情的に石をぶつけてきました。ボス的な誰かが「これは問題だ」と指摘すると、たくさんの匿名戦士たちが徒党を組んで執拗に攻撃を加える。その光景は、スケ番の意向を忖度して「よしよし」してもらうために行動する子分たちという図式を彷彿とさせます。

 首を傾げたくなるのは、今回の署名だけではありません。男女差別をなくしてより良い社会を築いていくためには、フェミニズムの味方や賛同者を増やしていく必要があります。しかし「フェミニズム村」の人たちは、味方になる可能性が高そうな人に対して、いっそう凶暴な牙を向けるのが常。一種の縄張り意識なのでしょうか。

 今年2月に、ネットニュースメディア「ハフポスト」で「 #私たちのフェミニズム をみんなで語ろう」という連載がスタートしました。フランス在住ライターの高崎順子さんが、多様なジャンルの人を招いてフェミニズムをテーマにインタビューをする意欲的な企画です。第1回のゲストは「2ちゃんねる」の生みの親である西村博之さん。前後編のうち前編のタイトルは【ひろゆきさん、どうして「今の日本では“フェミニズム”って言葉を使わないほうがいい」のですか?】でした。

 しかし、一部の「フェミニスト」がタイトルや西村さんの言葉尻に噛みつきます。フェミニズムの可能性を広げてくれる試みでしたが、きちんと読もうとしない人たちのイチャモンが大量にぶつけられて、後編の冒頭ではする必要のない釈明めいた記述が加えられました。そして「連載」と銘打たれていたにもかかわらず、第2回以降は掲載されていません。そりゃ、編集部も書き手も嫌になりますよね。もったいない話です。

「フェミニスト」の人たちは、こうやって「味方を増やせそうなチャンス」を自ら潰してしまうことに対して、どう考えているのでしょう。みなさんお利口なのできっと自分を正当化する理屈は用意してらっしゃるでしょうけど、明らかに戦う相手を間違えていることに疑問を抱く人はいないのでしょうか。この時も界隈で「それはヘンじゃないか」という批判は知る限りでは見ませんでした。

 仮にヘンだと思っても、イジメの構図と同じで、自分が標的にならないために口をつぐむしかないのかもしれません。「フェミニスト」の人たちは男性の行動を批判するときに、好んで「ホモソーシャル」という言葉を使います。お互いに空気を読みながら、同じ「フェミ仲間」にウケそうな言い方を繰り出し合っている様子は、まさに「ホモソーシャル」な気持ち悪さの体現にほかなりません(この「ホモ」は男性に限らず「均質な」「同質の」「同一の」という意味です。念のため)

「フェミニズムという言葉はイメージがよくない」と指摘して総攻撃を受けたり、男女のより良い関係を目指した記事や発言が揚げ足を取られて炎上したりするケースは、ほかにもたくさんあります。ネットにせよ紙にせよ映像にせよ、メディアに携わっている人から「フェミニズムの話題は何がどう炎上するかわからないから、できれば扱いたくない」という声を聞いたことは、一度や二度ではありません。なんとも残念な状況です。

 そんなわけで、たいへん失礼ながら、現在の「フェミニズム」や「フェミニスト」への疑問を率直に申し上げました。あくまで、自分が見えている光景に過ぎないことは承知しております。「フェミニズム村」から距離を置いている人たちだけでなく、何となく村の中で活動している人の中にも、「正義の剣を振り回すだけでは何も変わらない」「自分は怒る快感に酔いしれたいわけではない」と感じている人もいるはずです。

 村とかそういうのは知ったこっちやないという人も含めて、おかしいと思ったことに対しては、批判の声を上げましょう。岡村の署名の件も賛同する方はそれでいいとして、ヘンだと感じるなら、空気に合わせず自分の信念に従ってください。せっかく女性にも男性にもフェミニズムが徐々に浸透し始めているのに、このままだと日本の「フェミニズム」に未来はありません。どんどん味方が減り続けて、どんどん先鋭化してしまうでしょう。今ならまだ間に合います!

 ……なんだか、人けのない砂漠に向かって叫んでいるような気になってきました。誰かに届きますように。あるいは、漠然と違和感を抱いていた人が「そういうことか」と思ってくれますように。さて、この記事に対してはどういうご批判をいただけるのでしょうか。もし単なる罵倒やイヤミや揚げ足取りみたいなのばっかりだったら、「ああ、やっぱり」とは思いますけど、ちょっとガッカリです。