「美の基準を広げていきたい」。そう話すのは、ハリウッドで俳優、モデル、コメディアンとして活動している藤井美穂さん(26歳)。日本で俳優を目指すものの、自分の外見では活躍の場がないと考え、英語が全く話せない状態でアメリカに渡って6年。163センチ、80キロという身体を活かしてプラスサイズモデルを始め、外見的なコンプレックスを克服した。最近はインフルエンサーとしての活動にも力を入れている。世界中にフォロワーを持つ藤井さんに、日本のルッキズムや笑いについて聞いた。(インタビューは【前・後編】でお届けします)

* * *

◆外見のことを言われなくなって、自尊心が回復した

──日本ではまだなじみの薄いプラスサイズモデル。どのような仕事ですか?

藤井:通常より大きなサイズの服を着るモデルです。アメリカでは多くのモデルが活躍しています。でも、日本にいるときは、自分がモデルをするなんて想像もしなかったんです。中学生のときにいじめにあって、引きこもって太ったんです。それからデブとかブスと言われ続け、外見にコンプレックスがありましたから。ただ、アメリカに来たら、外見のことを言われなくなったんです。自尊心が少しずつ回復してきたんでしょうね。友人に薦められて始めてみると、これは、自分のやりたかったことだと思いました。

──アメリカでは外見について言及するのはNGということですか?

藤井:アメリカといっても、私が知っているのは私の住むLAに限られるのですが、大人になったら他人の外見のことを言うのはNGという価値観があります。褒め言葉であっても、あまり言わない。どう受け止めるかは、受け取る側が決める問題だからです。私も来た当初は、何がNGなのか、あるいは何が差別に当たるのかがわからず、たくさん失敗をしました。そうした失敗から学んで、どういうことを言っていけないのか、わかるようになりました。

──例えばどんな失敗がありましたか?

藤井:演劇学校に通っているとき、友人の顔をカッコいいなあと思って、「男装したらすごくイケメンになる顔だよね」と言ったんです。別の友人に失礼だと即座に怒られて、ハッと気づき、その場で「失言でした」と謝りました。褒めているつもりでも、容姿に触れる発言はダメなのだと、傷つく人がいるかもしれないと学びました。

◆美とは、自分が心地よくあること

──プラスサイズモデルをされることで、どう変わりましたか?

藤井:自分の体型が評価されることで、自信を持てるようになりました。アジア人のプラスサイズモデルは少ないので、強みにもなっています。インスタで写真を発表して、フォロワーが増えたのも嬉しいことです。役者の仕事にもつながっています。

 私は、美というのは、自分が心地よくあることだと思っているんです。だから、痩せたい人はそうしたらいいし、でも、痩せているだけが美しいわけでもないと思う。私はアメリカの派手なメイクが好きなんですが、化粧をしている美しさも、していない美しさもある。どんな体型の人だって、好きな服を着ていいんです。自分が、自分らしさと折り合いをつけることが、美しさと言ってもいいかもしれません。

──藤井さんの活動に刺激を受けている人も多いと思います。

藤井:私のような容姿の人間がモデルとして活動していることを知ってもらって、こういう可愛さもあるんだとか、こういう美しさもあるんだということを、伝えていけたらと思っています。アメリカも、30年、40年前は、白人の細い女の子=綺麗な子、という価値観が主流だったと思います。それがいろんな人の力で徐々に変わってきた。日本も変わると思っています。

──インスタグラムを拝見すると、コスプレの姿も目に付きます。アメリカで人気ですか?

藤井:私自身が好きなんです(笑)。漫画が大好きで、中学生くらいからコスプレをやっていました。目立つのも、それから、ものを作るのも好きなんですよね。ディズニーも好きで、ロスに住んだ理由の一つがディズニーランドに行くため。アメリカでは「ディズニーバウンド」という、私服でディズニーキャラクターを表現するコーディネートが流行っているんですが、少し前、友達のぶんまで服を作って、お揃いで行ってきました。今は新型コロナウイルスの感染拡大で、ディズニーロスですね。

◆芸人になって、見た目をいじられるのが絶対に嫌だった

──そもそもアメリカに行ったきっかけは? なぜ日本で俳優や芸人を目指さなかったのでしょうか?

藤井:桐朋短期大学で演劇を学んで、将来は役者になりたいと思っていたし、自分は役者に向いているとも思っていました。でも周りは可愛い子ばかりで、外見を重視する日本では活躍の場がないと思ったんです。じゃあ、海外に行こうと。英語を話せるようにもなりたかった。周囲には、芸人も薦められたんですよ。絶対芸人になるべきだと。私が男の人だったら目指していたでしょうね。でも、日本のお笑いはマッチョイズムが強いと感じていたし、何より、見た目をいじられるのが絶対に嫌だったんです。

 今なら気にしないと思います。何を言われても傷つけられないくらいの自信をつけたから。でも当時の私は、どんなに薦められても、お笑いの学校を検索することさえしませんでした。

──日本で芸人にならなかったけど、アメリカでコメディアンになられた。ご自身に合った場所を探されたわけですね。

藤井:私はアメリカでお笑いをするために存在していたんだな、とさえ、今は思っています(笑)。もちろん役者の仕事も好きで、どんな仕事もやっています。ユニークなアジア人の役が多いんですけど、オファーいただいた仕事は全部やります。そういう姿勢でやって、なんとか生活しているところです。

──どのようなコメディ、ネタをされているんですか?

藤井:スタンダップ・コメディです。いまアメリカで話題の才能のあるコメディアンはデイヴ・シャペルで、私も彼の笑いにはもはや感心させられます。ジェンダーや人種、社会問題を扱ったギリギリのネタが多く、個人的に笑えないものもあるのですが、あらゆるタブーを俎上に載せている。差別や社会の構造を完璧に理解できていないとできない笑い。ネットフリックスで見られるのでぜひ一度見てみてください。

 私がやるのは、パンチアップか自虐ネタが多いですね。自分がアジア人というマイノリティなので、アメリカ人のこういうところはヘンだと、弱者が強者に切り込むパンチアップができるんです。フェミニストジョークもパンチアップで、スタンダップ・コメディと相性がいいし人気です。私はフェミニズムを世の中にもっと広げたいと思っていますが、面白く、笑いを交えることで、より伝わると思っています。

◆占い師に「めちゃくちゃ悪い運勢」と言われて

──多彩に活躍する藤井さんですが、アメリカに渡ってからの苦労や困難をどのように乗り越えてきましたか?

藤井:英語が全くできない状態でアメリカに来たので、喋れるようになるまでが、まず、しんどかったです。喋れないと友達もできないし、孤独だし。それでも話さないことにはうまくならないし、とりあえず彼氏を作らないとダメだと思いました。私のろくでもない話を聞いてくれる人、返事をしてくれる人が必要だなと。運よく彼氏ができて、だいぶ、上達しました。ラッキーでした。

 仕事を始めてからも、オーディションに落ちまくったりと、苦労はもちろんしています。アメリカに来る前に占いに行ったら、「めちゃくちゃ運勢が悪い」って言われたんです。びっくりしてどういうことだと聞くと、あなたはビッグになるから、そのためには大きな試練が必要だということで、納得しました。今も苦労はしていますし、もっと大変になる可能性はありますけど、頑張った先には得るものがあると信じています。

──自信のない人にアドバイスとするとしたら?

藤井:「どうしたら自信を持てますか」という質問は、「どうしたら痩せますか」と似ていて、答えは多面的、一つじゃないんです。痩せるには、運動する、バランスよく食べる、ストレスをなくす、あるいは食べないとか、いろんな方法がありますよね。さらに、このうち一つだけで結果を出す人もいれば、複合的にやって、結果を出す人もいる。結果の出る時期も、結果が持続する期間も、人それぞれです。

 自信も同じように、いろんなことを試しているうちに自信がつく人もいれば、一つだけを徹底することで、自信を得る人もいる。そして思うのは、自信って、「思い出みたいなもの」だということです。通りすぎないと気づかないもの、なんですね。

 だから言えるのは、私に興味を持った方は、ぜひ私をフォローしてください(笑)。いろんな方面から発言・発信をしているので、どれかが引っかかるんじゃないかと思いますし、そうなってもらえるように、日々、努力し、試行錯誤を重ねています。

※インタビュー【後編】では、藤井美穂さんのインフルエンサーとしての活動についてお届けします。

◆プロフィール/ふじい・みほ 三重県出身。アメリカLAで俳優、コメディアン、プラスサイズモデルとして活躍の傍ら、インフルエンサーの活動も行っている。インスタのフォロワー7万人(@mihoimi)、ツイッターのフォロワーは2万人(@mihoimiofficial)