今、コロナ禍の中、多くのバラエティ番組が、思考錯誤しながら放送を続けている。そんななか、工夫をこらして視聴者を飽きさせない番組作りが際立っているのが日本テレビだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、他局とは違う“日テレ式”について解説する。

 * * *
 新型コロナウイルスの感染拡大でテレビ番組の収録が難しくなり、ゴールデンタイムですら再放送が大半を占める苦境に陥ってしまいました。ネット上には「再放送だらけ」という嘆きや、「今は仕方ない」というあきらめの声が目立つ中、日本テレビのバラエティが他局とは明らかな差を見せて話題を集めています。

 たとえば、4日の『深イイ話』は、羽鳥慎一さん、今田耕司さん、福田充徳さん、高田秋さんの全員が自宅からリモート出演し、私物を公開しながらクイズに答える「おうちで答えて密着クイズ」を放送。クイズのVTRは過去の放送を再編集したものですが、むしろ興味を引く工夫が施されていました。

 同じ4日の『月曜から夜ふかし』は、「MCのマツコ・デラックスと村上信五が登場すらせず電話の声のみだけで出演する」という離れ業。画面右上に「コロナ感染拡大防止のため音声のみでお届けします。」の文字が表示され、“株主優待の桐谷さん”をはじめとする人気キャラにテレビ電話で「どんな自粛生活をしているのか」を尋ねる企画を放送しました。

 5日の『火曜サプライズ』は、街ロケ番組のため最も苦戦が予想されていましたが、「日テレ朝の顔トリオ食リポバトル」題して桝太一アナ、青木源太アナ、辻岡義堂アナが別々でリモート出演。看板アナ3人が絶品デリバリーを紹介するコーナーを放送し、さらにウエンツ瑛士さんがテレビ電話で芸能人と会話する「サプライズテレフォン」を新企画としてスタートさせました。

 同じ5日の『世界仰天ニュース』は、MCの笑福亭鶴瓶さんと中居正広さんのみが特設スタジオに登場し、ゲストの山下智久さんと古市憲寿さんはリモート出演。テーマを感染症に絞って数多くのエピソードを放送しました。また、番組の最後に、家庭での笑えるハプニングを家族みんなで再現して送る「家庭で起きた仰天ニュース大賞」の募集をはじめるなど、新たな動きを見せています。

 同じ5日の『ウチのガヤがすみません!』は、「自宅からリモートおもてなしSP」と題して、10組のガヤ芸人が全員自宅からネタを披露。さらに次回は「リモートモノマネ選手権」も放送されるなど積極的な姿勢が見られます。

 6日の『有吉の壁』は、有吉弘行さんと佐藤栞里さんなどが副音声で裏側解説をしたほか、Twitterで投票1位のキャラが復活する「ブレイク芸人総選挙」を放送。前回、芸人たちが自宅で捨て身の芸を披露するリモートネタ見せのコーナーがあったことも含めて、ここまで最もアイディアを凝らした番組となっています。

 いずれも、「他局が単なる再放送や再編集、あるいは、そこにMCのショートコメントを添えるだけ」という対応に留まっているだけに、放送内容の違いは歴然。その違いを生み出しているのは、日本テレビの“強気の姿勢”と“アイディアを実行できるムード”なのです。

◆スタジオもリモートも圧倒的に多い

 まず特筆すべきは、日本テレビのバラエティが他局より、数多くのリモート出演とスタジオ収録を行っていること。どの番組もソーシャル・ディスタンスこそ保っているものの、それ以外はほぼ通常通りの番組もあり、『世界仰天ニュース』は高齢の笑福亭鶴瓶さんがスタジオ出演するなど、強気のスタンスで制作しているのです。

 これには賛否があるでしょうが、日本テレビは新たな「番組編成指針」を掲げて、番組安全対策チームを中心に、リモートワークの強化、感染防止の備品確保、出演者やスタッフの健康把握・管理を徹底。「出来る限りの感染対策を講じながら『生活者に希望と活力を届ける健全な娯楽番組』を皆さまにお届けする」という指針に沿った番組制作を続けているのです。

 称えられるべきは、クオリティや違和感を気にしすぎず、新たな企画・演出にトライしていること。実際、ヒロミさんが『火曜サプライズ』のオープニングで「YouTubeです」とボケ、後藤輝基さんも『ウチのガヤがすみません!』で「この感じでいくとYouTube」とツッコミを入れるシーンがありました。2人の言葉は「ふだんよりどこか寂しいし、映像のクオリティはちょっと落ちるかもしれないけど、でも新しいことにトライします」というメッセージのように見えたのです。

 事実、どの番組もリモート出演時の背景は地味で、それ以前に画質にもバラつきがあり、タレントが画面から見切れてしまうことも少なくありません。しかし、それらもこれまではやらなかった新たな企画・演出にトライしているからであり、その姿勢が視聴者に伝わっているからこそ、他局より視聴率を稼いでいるのではないでしょうか。

「十分に距離を取り、換気効率を上げた特設スタジオで収録しても批判されるのではないか」「リモート出演では映像のクオリティが低すぎないか」などの懸念をものともせず、強気の姿勢を貫いていることが、一定以上の視聴者を笑顔にさせているのです。

◆新たなアイディアを実行できるムード

 日本テレビが強気の姿勢を貫けるのは、制作サイドがさまざまなアイディアを考え、「ぜひやろう」「それならいけるだろう」という実行しやすいムードが局内にあるから。

 もともと日本テレビは、他局よりもバラエティの数が多く、プライムタイムの19〜23時に3・4番組続けて放送し続けているトップランナー。しかも「放送20年を超える長寿番組が多く、視聴習慣が根づいている」「大半の番組が及第点の視聴率を獲得してきた」「2010年代から家族層や若年層を意識した番組作りをしていたため、在宅率の高い今はチャンス」など、アイディアを実行できる理由に事欠きません。

 また、芸能人や文化人たちの間では、「日本テレビのバラエティは台本がしっかりしていて分厚い」「秒単位で笑いを詰め込むために十分な撮れ高を確保するから収録が長い」などと言われています。これらが意味するのは、放送済みシーンと未公開シーンの多さ。前述したように放送期間が長いこともあって、再編集を絡めて制作するとしても、「他局より使えるネタが豊富」という強みもあり、やはり新たなアイディアを実行しやすいムードにつながっています。

 その他でも、朝の帯番組『スッキリ』でもTwitter投稿をベースにした「#スッキリ自撮りネタフェスティバル」や倖田來未さんらの自宅ライブが企画され、昼の帯番組『ヒルナンデス!』でもリモート出演を生かしたコーナーを積極採用するなど、日本テレビのアイディア実行力は時間帯を問わず備わっている様子がうかがえます。

今後、平常時に戻ったとき、今回の成功体験は日本テレビの財産となり、新たなアイディアを次々に実現させていく姿勢は、局のカラーとして続いていくのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。