「ただの微熱ではあったんですけど、やっぱり頭のどこかに“もしかしたら”という不安はあった」

 櫻井は4月27日に月曜キャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)への出演を取りやめ、翌28日の『VS嵐』(フジテレビ系)の収録も欠席。超のつく人気者の発熱に、現場は騒然とした。

 櫻井はテレビ番組のレギュラーに加え、ナレーションや雑誌の連載などを含めると、月に約20本もの仕事を抱える。

「櫻井さんが欠席した『VS嵐』の収録は急遽、メンバー同士も顔を合わせず、リモート収録する形に変更されました。スタッフも体温を測定してから持ち場につくという、厳戒態勢になったんです」(テレビ局関係者)

 ジャニーズ事務所は、積極的に新型コロナウイルス対策を行っている。ファンとともに感染予防に努めるとして、公式サイト上に具体的な予防策を掲載。所属タレントによる「手洗い動画」を公開し、医療機関での資材不足が問題になると、防護服やマスクなどを寄付している。

 不安な日々を過ごした櫻井を支えたのは、ほかならぬ嵐のメンバーだった。

 5月2日、嵐がインターネット上で配信した動画コンテンツ、『嵐のワクワク学校オンライン』でこんなやり取りがあった。メンバーはリモート出演し、そこには櫻井の姿も。「いまこそ感謝を伝えよう」というテーマの中で、櫻井は発熱に関して4人に「夜の9時に、ご迷惑をおかけしますと連絡を入れた」ことを明かした上で、各メンバーから届いた返信をファンに紹介した。

 松本潤(36才)からは《安全第一だと思うので 無理なさらず》。大野智(39才)と二宮和也(36才)は、櫻井の性格を理解していることが見て取れる「考えすぎないでね」という趣旨のメッセージだったという。

 相葉雅紀(37才)から返信があったのは、なんと翌朝4時頃。夜8時には寝てしまい、

《変な時間に寝てしまい今見ました ゆっくりしてね! 夜分にすいません…》

 という内容だったようだ。

「みんなの返信に、櫻井くんは《凹んだ気持ちが平らになりました ありがとう》と書いたフリップを出して感謝を伝えていて、メンバーの絆に改めて感動しました。相葉くんは録画していた『news zero』を見て、櫻井くんが電話出演していることを確認したって言っていて、“メンバーの番組を録画して見てるんだ”とビックリしちゃいました」(視聴したファン)

 櫻井の“休養”は、嵐の今後にも大きな影響を与えるかもしれない。

「嵐は年内での活動休止を発表していますから、ファンにとって今年は、大事な1年になるはずでした。ですが、コロナ禍でイベントが続々と中止に追い込まれている。

 櫻井さんは体調不良のなか、身をもって“リスク”を実感した。だからこそ、ステイホームの重要さもわかったし、そのなかでファンのために何ができるかとの考えが強くなったようです。限られた方法でも喜んでもらえるものは何か、リモート会議でメンバーとの議論を重ねています」(芸能関係者)

 ステイホームで、嵐の結束はますます強まったようだ。

※女性セブン2020年5月21・28日号