新型コロナウイルス感染防止のため、新たな番組収録が難しくなっているテレビ業界。特に影響が大きいのがバラエティ番組だ。すでに多くの番組が未放送回の“ストック切れ”となり、総集編で対応するケースが増加しているという。

「単純に過去の名場面をつないだだけの総集編もあれば、リモートワーク出演しているレギュラー陣が、過去のロケの名場面を見てコメントをするというパターンもあります。逆に新録のVTRがあれば、流す時にわざわざ“新録”というテロップを入れて、“アピール”する番組もあります」(テレビ局関係者)

 いずれにせよ、新たなロケが行えず、素材となるVTRは過去のものばかり。スタッフたちも編集作業に追われている状況だ。

 一方、過去のVTRを使うことで、炎上リスクが高まる可能性があるとの指摘もある。バラエティ番組事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏は、こう話す。

「ここ数年で、バラエティ番組における考え方が大きく変容しています。多様性を重視する流れになっていて、差別的な内容は避けるのが当たり前。数年前なら“アリ”だったものが、今は“ナシ”ということが充分にありうるんです。当然ながら歴史が長ければ長いほど、いくら人気番組の名場面であっても、今となっては不適切な内容が多く含まれている。総集編ばかりに頼った結果、意図せずに今の時代と合わない内容がオンエアーされ、その結果炎上してしまう…という可能性はあると思います」

 名場面の総集編だけでなく、未公開シーンのお蔵出しも危険だ。

「未公開ということは、何らかの理由があって放送されなかったシーンです。それこそ少々問題視されるような表現が含まれている可能性もあるはず。ストックがないという焦った状況になると、無意識のうちに“アリ・ナシ”のジャッジも甘くなってきて、本来放送すべきではない未公開シーンが電波に乗ってしまう……なんてこともありうる。そういう意味で、未公開シーンを放送する際こそ、熟慮する必要があるでしょう」(大塚氏)

 さらに、総集編で問題となるのが、同時間帯の異なるチャンネルに同じタレントが出演する“裏かぶり”だ。

「ひな壇ゲストとして人気があるタレントは、常時いろいろな番組に出ている。そのため、通常の放送回では、制作サイドが裏かぶりしないように調整します。でも総集編となると、いちいち裏番組の出演者をリサーチしきれず、どうしても裏かぶりが発生してしまう。実際、新型コロナウイルス騒動後に放送された総集編で、裏かぶりしている例はいくつか確認しました」(大塚氏)

 もはや総集編での裏かぶり回避は不可能ともいえる状態だが、前出・テレビ局関係者はこう話す。

「総集編を作っているスタッフも時間がない中で作業しており、裏かぶりに配慮する余裕がないのは確かかもしれません。とはいえ、今は非常事態なので、芸能事務所の方もわざわざ総集編で裏かぶりしたくらいでクレームを入れてくることもないと思います。業界全体でも、そういった特別な事情であることを理解して、通常時のルールから多少逸脱しても、見て見ぬ振りをしておこうという流れはあります」

 いずれにしろ、番組収録ができず、放送すらままならない状況になりつつあるテレビ業界。1日でも早く収録が再開されない限り、事態は好転しないだろう。