6月18日放送の第1話が視聴率17.0%と好スタートを切った木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)の現場では、徹底した「キムタクシフト」が敷かれているという。

「警護シーンはなるべく木村さんを先頭にして、前方者の呼気を吸い込まない工夫をし、アクションシーンや爆破シーンなどは大幅に削減したそうです。

 こうした配慮によってリアリティが薄れてしまう部分はありますが、主要キャストの感染予防を優先させたそうです」(テレビ誌記者)

 コロナ禍での撮影は、現実の警護と“誤差なし”とはいかないようだ。

 同じくテレ朝の『特捜9』(主演・井ノ原快彦)では、取り調べで刑事と容疑者が向き合うシーンが不可欠だが、

「透明アクリル板を挟んで対面シーンを撮影し、その後画像処理でアクリル板を消す処理をしている」(テレ朝関係者)

 というから大変だ。テレビドラマ撮影の現場に詳しい芸能評論家の三杉武氏がいう。

「第2波、第3波を想定すると、少なくとも今年いっぱいは制約の中での撮影が続くとみられています。今後は『リモート撮影』だけで製作するドラマが登場する可能性もある。ドラマ現場は端境期を迎えていると言えます」

 新型コロナは「撮影様式」も大きく変えようとしている。

※週刊ポスト2020年7月10・17日号