コバルトブルーの高い空、白く輝く浜辺、そして、エメラルドグリーンの海──宮古島は、日本屈指のリゾート地・沖縄の中でも格別の人気を誇っている。

「島そのものが珊瑚礁でできているんです。だから、海が濁らない。それが宮古島の魅力です。2015年に宮古列島の島の1つである伊良部島との間に橋が架かり、去年、その伊良部島と隣接する下地島の空港に定期便が就航したことでアクセスがぐっと良好に。最近はバブルといわれるほど人気が殺到し、土地の値段がそれまでの200倍にも跳ね上がっています。高級ホテルの新築計画も進んでいるんですよ」(現地の人)

 そんな宮古島では、いまある人物が土地を購入したともっぱらの噂だ。

「嵐の大野智さん(39才)です。いま、宮古島では巨大なリゾート施設のようなものが建設予定なのですが、そのうちの1つが大野さんの土地だといわれています」(宮古島の住人)

 嵐は新型コロナの影響を強く受け、スケジュールの大幅な変更を余儀なくされている。

 2月に予定されていた中国・北京での公演や5月に開催予定だった「アラフェス2020」は延期され、NHKの東京オリンピック・パラリンピック放送のスペシャルナビゲーターを務める予定だったが、開催の延期でそれも未定となった。

 活動休止まであと半年。したいこと、予定されていたことが思い通りにできない状況でも、5人は「いまできること」を探し、取り組んでいる。毎年恒例の『嵐のワクワク学校』を中止せず、オンラインでの開校という形で続けたのは、その一端だ。

「直接会えないまま、活動休止に入ってしまうのかと心配していましたが、5人がファンのことを考えてくれているのがわかって、本当にうれしかったです」(ファンの1人)

 ただ、コンサートなど大人数を動員するリアルイベントの再開の目処は立っていないのが現状だ。

「5人はこれまで自宅での自粛を余儀なくされてきました。いまもそれはほとんど変わりません。今年は最後の一年。全力で駆け抜けようとしていたところでのコロナ禍で、戸惑いを感じているようです。活動休止を4人に提案した大野さんも、今年はすべてを嵐に捧げる覚悟でいただけに、拍子抜けだと感じているようです」(芸能関係者)

◆漁師のおじいと仲よくなって交渉

 何もかもが予定通りにならないラストイヤー。しかし唯一、あるプロジェクトだけが順調に進んでいるという。

「大野さんは活動休止後のプランを周囲に口にしています。よく知られているように、彼は釣りが趣味ですから、気候のいいところで釣りを楽しみながらのんびり過ごすため準備を進めているようですよ」(前出・芸能関係者)

 そうしたプランを実現するため大野が白羽の矢を立てたのが、宮古島だった。

「海はきれいだし、釣りスポットも多いし、仕事から離れて過ごすには最高の場所です。ただ、大野さんの場合、ひとりで暮らす家というよりも、友達もたくさん呼んで楽しめるリゾート施設のような建物を予定しているとか。いわゆるオーシャンビューの海風が心地よい土地に、プライバシーを重視した、沿道からは中の様子がうかがえない建物になると聞いています。といっても大げさなものではなくて、景観に溶け込む建物になるみたいですね」(現地の不動産関係者)

 大野はコロナ以前から、宮古島にたびたび足を運び、その魅力を体感していた。

「何度も足を運んでは、釣りを楽しんでいました。彼は偉ぶらずに現地の釣り仲間と接するので、地元の漁師さんとも仲よくなって、船を貸してもらったりもしていたようです。その縁もあって、宮古島に家を持とうとしたのだと思います」(別の宮古島の住人)

 前述のとおり、いま、宮古島はバブルに沸いている。限られた土地を売買するため、不動産のプロの間でも激しい駆け引きが繰り広げられている中で、大野が土地購入にこぎつけるには一筋縄ではいかなかったようだ。

「宮古島にくるときには定宿に数日間滞在。その間『どこかにいい土地はないかな』と、熱心にリサーチを行っていたようです。

 このあたりは個人個人のつきあいがモノを言います。いくらお金があっても、それだけじゃ売ったり貸したりはしてもらえないんです。ただ大野さんはもうすっかり顔なじみですから、漁師のおじいから紹介された何人かの人に協力してもらって、土地を見つけたようですよ」(前出・宮古島の住人)

 宮古島でのリゾートプランがスムーズに進む一方で、気になるのは今後の嵐のプランだ。東京オリンピック・パラリンピックが延期になったことで、嵐の活動休止の延期を求める声が高まっている。

「宮古島に住んだら、“そう簡単には僕は戻らない”という気持ちになるでしょう。だから大野さんには延長の意向はないはず。このことにはほかのメンバーも納得しているそうです。もちろん4人とも宮古島での計画も知っているはずです」(前出・芸能関係者)

 また、ここへきて、2023年の再始動という説が浮上している。

「2023年は嵐にとって結成25周年という節目の年ですから、信憑性はありますが、実際には何も決まっていない白紙の状態です。活動休止後、嵐が再始動をする可能性は高いですが、それがいつなのかは決まっていないんです」(別の芸能関係者)

 活動再開となっても、大野は拠点を宮古島においたままの活動を考えているという。

「大野さんは、宮古島のリゾートを嵐のメンバーも含めて、希望する知人らが人の目を気にせず泊まれるような施設にしようと考えているようなのです。南の島でしっかりと骨休めしながら、ファンへの恩返しも考えているはず。4人がリゾートプランを応援するのも、そんな大野さんの気持ちをわかっているからでしょう」(テレビ局関係者)

 7月29日に嵐の58枚目のシングル『カイト』が発売される。そのジャケットには、大野が描き下ろした絵があしらわれている。南の海を泳ぐ熱帯魚のような色遣いと熱をはらんだ上昇気流のようなフォルム。そこには、東京から1800km以上離れた島への隠しきれない思いが込められているようにも見える。

※女性セブン2020年7月16日号