新型コロナウイルスによる非日常が新たな価値観につながった人もいる。今年公演予定だった舞台『桜の園』、『アンナ・カレーニナ』が立て続けに中止になり、約2か月間のステイホームを経験した宮沢りえ(47才)はその1人だ。

「りえさんにとっては、出産以来の“長期休暇”になりました。家族と一緒に過ごす時間が増えたことで、家族の在り方についてたくさん考えたと言っています。新しい気づきもあったようで、休暇前よりもすっきりした表情に見えました」(宮沢の知人)

 宮沢は2009年に実業家と結婚し、同年5月に長女を出産するも、2016年3月に離婚。2018年3月にV6の森田剛(41才)と再婚している。

「娘さんは森田さんにもすごく懐いていて、休日には“ママ抜き”でお買い物デートを楽しむこともあります。家族の関係は良好に見えていたけれど、実は娘さんはりえさんに、ずっと言えないでいたことがあったようなんです」(前出・知人)

 自粛生活の中、宮沢は娘の“ある変化”に気づいたという。

「りえさんがずっと家にいることを、娘さんがとてもうれしがっていたようなんです。表情からそれを察したりえさんが理由を聞くと、小さい頃からお母さんが仕事で家にいない寂しさを、ずっとがまんして隠してきたと伝えられたそうです。りえさんは娘さんの本音を知ることができて、仕事には大きな影響が出たけれど、娘さんと長い時間を過ごせたことは悪くなかったと振り返っていました。これまでの仕事中心の生活を見直す、いい機会になったようです」(前出・知人)

 6月下旬の日曜日、宮沢の姿は、アクセサリーや洋服店が入る高級ホテルのショッピングフロアにあった。

 黒いゆったりめの七分袖にダメージジーンズ、黒のスニーカーというラフな服装で、その傍らには満面の笑みを浮かべる長女が寄り添っていた。

「高級ブランドが入る子供服店などで、お2人の姿を見ました。マスク越しでしたけど幸せそうな表情が伝わってきて、いい母娘だなぁって見とれちゃいました」(居合わせた客)

 自粛期間で関係が悪化する家族も多い中、りえは長女との絆を深めていた。

※女性セブン2020年7月16日号