ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)。6月23日には約2時間に及ぶ記者会見を開き、緊急事態宣言下での女性を含む複数名との会食も、「今後の夢や仕事のための会合だった」、「事務所も円満退所だった」と強調した。今後は歌手活動を中心にファンの心の支えとなりたいと語り、最後はお決まりの「テイ!」という決めポーズも披露した。まさに“手越節”が炸裂した会見だった。

 しかし、こうした振り切った手越の言動が、ジャニーズファンの中でも「アンチ手越」だったという人たちの心境の変化をもたらしているという。ジャニーズ事務所の他グループのファンAさん(20代女性)は、こう語る。

「正直、私はこれまで手越のアンチでした。ネットに書き込んだりはしませんでしたが、テレビに彼が出ていたらチャンネルを回すし、スキャンダルが報じられるたびに『ジャニーズブランドを汚すな』と怒りを覚えていた。退所の報道があったときには、正直ホッとしたし、嬉しかったんです。

 そんな意地悪な気持ちで、手越の2時間会見を見始めた。しかし、見ているうちに『私、本当に手越のアンチなのかな?』と、複雑な気持ちになってきた。どこまでも図太く、こんな状況でも心臓に毛が生えた彼の姿を見ていたら、途中から笑えてしまって。自分の仕事の悩みとか、日々の苦労とか、そういうものがどうでもよく思えてきたんですよね。もはや『逆に元気もらえるわ』と、手越に元気づけられている自分に気がつきました」(Aさん)

「NEWS」の他のメンバーを応援してきたBさん(30代女性)も、手越の会見を見て以降、「アンチ」の感情が吹っ切れたという。

「なんだかアンチとして彼をウォッチしてきた自分がバカバカしく思えてきましたね。退所した翌日から、彼はツイッターで『#動画日記』なる投稿を始めて、風呂場でファンに向けてアカペラを歌う動画などをアップしはじめた。『どこまでも手越だな』って、逆に笑ってしまった。

 またジャニーズ時代を含む自分の半生を語る動画をアップして、自身が『モーヲタ』(モーニング娘。のオタク)で、とくに辻ちゃん(辻希美)の大ファンだったことまで暴露していました。ふと、『なんで自分は、手越の動画を見ているんだろう』と我に返りました(笑い)。彼がNEWSというグループを抜けたからこそ、良くも悪くも『アンチは最大のファン』ということを、身をもって知らされた気がしています」(Bさん)

 退所直後からファンとの距離を急激に縮め、自身の“ありのまま”の姿を発信するポジティブな姿は、かつての「アンチ」すら魅了し始めているのかもしれない。