野木亜紀子氏の脚本で、今クールのドラマの中で注目を集めているのが、星野源(39才)が綾野剛(38才)とダブル主演する『MIU404』(TBS系)だ。星野といえば、野木氏の作品で『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が代表作の1つだが、そのときとは違う新たな魅力を発揮している。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 脚本の野木亜紀子をはじめ、『アンナチュラル』の制作チームが再集結したオリジナルドラマということもあり、何かと話題の『MIU404』。このドラマの端々で私が感じるのは、「星野源カッコいい男化計画」である。

 物語の舞台は、事件の初動捜査を担当する機動捜査隊(通称・機捜MIU)の働き方改革の一環で新たに設置された「第4機捜」。捜査一課の刑事だった志摩(星野源)と奥多摩の交番に勤務していた伊吹(綾野剛)はバディを組むことになる。タイトルの404は、志摩・伊吹のコールサインである。

 第一話では、日中、男性が金属の看板で頭部を殴打された傷害事件現場に急行。はしゃぐ伊吹を横目に、冷静な志摩は、被害者の行動を細かく分析し、犯人が被害者のポケットからカギを持ち出したと推理する。続いて近隣のパーキングで被害者の車を発見。ドライブレコーダーが盗まれたことから、犯人に迫る。おお、すごい推理力。クール星野源、ここに推参!という感じだ。

 しかも、クールなだけじゃなく、大詰めでは、捜査車両を大破させるほどのカーチェイスを展開。犯人を撃つ仕草を見せた伊吹をぶん殴る熱さも見せた。おお、ここにはアクション星野源がいましたか!

 第二話では、偶然出会った夫婦を脅して車に乗り込み、逃走する殺人事件容疑者、加々見(松下洸平)を追跡。まじめに働いていたという加々見が「無実を晴らすために逃走した」と主張する伊吹に対して、志摩は「だったらどうして逃げる」とやっぱりクールな反応。奥深い事件の真相を突き止める。ナイフを向ける犯人に「そんなことのために自分の人生を棒に振ったのか」と言う志摩。おお、出ました、おとな星野源!

 いちいち驚かれてご本人も迷惑かとも思うし、綾野剛と共演した『コウノドリ』は十分に落ち着いたおとなの産婦人科医だった、大河ドラマ『いだてん』じゃ、外交官として東京五輪招致のキーマンとなった平沢和重役だったとも思うのだが、それでもなお、この『MIU404』には、新しい星野源カッコいい男化計画を感じるのである。

 なにしろ、星野源といえば、“彼女いない歴=年齢のプロの独身”役だった野木脚本作『逃げるは恥だが役に立つ』、突然、藩の引越しの責任者にされちゃった引きこもり侍役だった映画『引っ越し大名』など、どこかおとなになりきれない男を演じさせたら、誰にも負けない存在だ。それがここへきて、スーツをゆるめに着て機捜の上司(麻生久美子)に「ネクタイ、ボタン、前締めて」と注意されたり、コートのポケットに手を突っ込んで孤独っぽい顔を見せたり、カッと熱くなってハンドルを切る横顔を見せたり、次々「これは」というシーンを連発。

 スタート前、本人は「暴れられそう」「今までにない自分を出せそう」などと語っていた。自身のInstagramではドラマのオフショットも掲載。初の刑事役で新たな「顔」を見せた星野源。このままおとなになっちゃうんでしょうか。ちょっと残念な気もする。