新型コロナウイルスによる巣ごもり需要を背景に、日本で大ヒットした韓国ドラマ『愛の不時着』と『梨泰院クラス』。これらの韓国ドラマが今、アジアを超えて欧米でも人気を集めている。世界的ブームを巻き起こしたのは、米動画配信サービスのNetflixだ。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
『愛の不時着』に続き『梨泰院クラス』と、かつての“冬ソナ”ブームを上回る日本での人気ぶりは、韓国でも連日報じられている。黒柳徹子やSexy Zoneの菊池風磨、お笑い芸人や野球選手など、老若男女多くの著名人がSNSやYouTubeでそのハマりっぷりを投稿したことでさらに視聴者が増え、配信開始から数か月経った今も、Netflixの視聴ランキング(「今日の総合TOP10(日本)」2020年7月13日時点)では『愛の不時着』が2位、『梨泰院クラス』は3位と依然上位をキープしている。

 日本だけでなく、東南アジアや欧米での注目度も高い。CNNインドネシアや英国のBBC、ガーディアン、米国のワシントンポスト、TIME誌まで、多くの海外有力メディアが韓国ドラマの人気ぶりを報じ、アジアはもちろん米国でも韓国ドラマはTVショーカテゴリーでトップ10(米Netflixのランキング)に入るほどになった。

 どちらのドラマも、当初韓国では、地上波ではなく「tvN」や「JTBC」といった有料ケーブルテレビで放送された。韓国では、全世帯の9割以上がケーブルテレビやインターネットテレビに加入しており、視聴率は地上波より高い時もある。『愛の不時着』の最高視聴率は21.7%と、有料放送ドラマとしては歴代3位の視聴率を記録した。この強いコンテンツ力にいち早く目を付けたのがNetflixだ。視聴率の高いコンテンツの海外配信権を独占し、全世界に抱える約1億8000万人のユーザーに向けてコンテンツを配信。世界各地で韓国ドラマブームを巻き起こしたのだ。

 Netflixが制作費を出資してオリジナルの韓国ドラマを制作する事例も増えている。15〜16世紀の朝鮮王朝を舞台にしたゾンビドラマ『キングダム』は韓国でも大ヒットを記録し、その人気は欧米にも波及。ストーリーだけでなく劇中の衣装や小物にも興味を持つファンが急増し、米ニューヨーク・タイムズが発表した「2019年ベストインターナショナルドラマ」にも選ばれるほど話題になった。

『キングダム』の成功以降、Netflixは『初恋は初めてなので』、『恋するアプリ Love Alarm』、『愛しのホロ』と、立て続けにドラマを制作。2020年にも8本のオリジナルドラマを制作する予定だ。その中でも1話あたり2億円以上の制作費を費やしたホラードラマ『Sweet Home』は韓国内で今最も期待されている。

 こうした流れを受けて、韓国のドラマ制作会社もNetflixを無視できなくなっている。世界的な人気に加え、韓国ドラマの制作費が飛躍的に増えているからだ。韓国テレビ局のドラマ制作費は、高くても1話あたり4500万円前後なのに対し、『キングダム』シーズン1の制作費は1話あたり2億円前後と約5倍。テレビ局の予算では制作出来そうにない企画でも、地上波放送終了後にインターネット配信を独占させるという条件でNetflixに持ち込めば、同社が大きく出資してくれるのだ。

 Netflixにとっても、今や韓国ドラマは同社の収益を支える重要な存在だ。Netflixは、『愛の不時着』を制作した韓国の制作会社「スタジオドラゴン」の2番目の大株主でもあるが、Netflix側に不利な資本提携だったにも関わらず、株主になることを選んだ。2020年1月の決算発表でも、同社のテッド・サランドスCCO(最高コンテンツ責任者)は「韓国制作者のレベルの高いコンテンツが途方もない影響を作り出すだろう」と話し、株主に宛てた文書では「Made in Korea作品に投資し続ける」と書いたほど、韓国ドラマに熱を入れているようだ。

 韓国ドラマは、Netflixの配信を前提にしているからこそ、海外ドラマと競争しても負けない面白いドラマを多く制作できた。豊富な資金力を背景に、今後も第2、第3の『愛の不時着』が生まれるのは時間の問題かもしれない。

【趙章恩】
ソウル在住ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。