石原さとみ(33才)が病院薬剤師の主人公を演じるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の撮影現場で、ちょっとした“騒動”があったという。

 4月初旬のある日の撮影現場でのこと。二日酔いの状態で撮影現場に現れた共演者の田中圭(36才)に対し、石原が「集中してくださいよ…」と一喝したと報じられたのだ。

 座長として、たるんだ共演者をピシャリと叱った石原。ネット上では〈年上の人にこういう反省を促す注意ができる石原さんがすごいと思いました〉、〈プロなら当たり前。座長としての責任感素晴らしい〉、〈周りが気を遣って言えないことをハッキリ言えるリーダーはいい!〉など、石原の責任感を称賛する声も多い。

「『アンサング・シンデレラ』は新型コロナウイルスの影響で撮影場所として予定していた病院が使えなくなったという報道もありました。一時は撮影も延期になって、果たして予定通り撮影が進むかどうかという不安もあったと思います。主演の石原さんとしては、どんな条件でもどうにかして作品を成立させたいという思いも強く、だからこそ年上の田中さんにもしっかり注意できたのかもしれないですね」(テレビ局関係者)

 以前から、石原の責任感の強さはよく知られていた。主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系・2018年7月期)の打ち上げで、視聴率が低かったことについて“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と涙ながらに謝罪したと報じられたこともあった。

「ドラマの視聴率が悪いとどうしても主演俳優のせいにされてしまうことが多い。石原さんもそういった経験が何度もあるのでしょう。特に最近は“低視聴率女優”などと呼ばれることが増え、本人としても気にしていた部分も多かったのだと思います。だからこそ、打ち上げで泣いて謝罪をするということもあったのだろうし、さらには今回の田中さんへの叱責にもつながっているはず。本来であれば主演俳優ではなく、プロデューサーなどが注意する場面ですからね。にもかかわらず、石原さん本人が注意したというところに、作品を背負うという覚悟も感じられます」(同)

 直近5年間における、石原主演ドラマの全話平均視聴率は、たしかに下降線をたどっている。2016年10月期の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)、2018年1月期の『アンナチュラル』(TBS系)は11.1%、2018年7月期の『高嶺の花』(日本テレビ系)が9.5%、2019年7月期の『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)は8.6%だった。作品自体が評価されているものもあるが、こういった事実が、石原を追い詰めている部分もあるのかもしれない。

 しかし一方で、『アンサング・シンデレラ』については、第1話の平均世帯視聴率10.2%、第2話は9.8%とまずまずの数字。さらに見逃し配信が好調で、フジテレビでも歴代トップクラスの再生回数だという。エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「これまでの視聴率は基本的に“視聴している世帯”の割合を示す“世帯視聴率”だったのですが、今年3月からビデオリサーチが“個人視聴率”の全国的な調査を始めました。この“個人視聴率”によって、視聴者の年齢や性別、職業などの属性ごとデータを知ることができるわけです。つまり、世帯視聴率だけでは表せない“番組の人気”が表面化していくことになり、単なる“数字”に左右されることも減ってくるはず。もちろん、見逃し配信の再生回数などのデータも重要視されますし、“低視聴率女優”のような表現もあまり意味をなさなくなってくると思います」

 石原さとみが、“低視聴率女優”などという不名誉な異名を払いのけ、数字に気を揉む日々から解放されるのも近そうだ。