コロナ禍で、テレビ番組はさまざまな影響を受けているが、映画枠にもちょっとした異変が。『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)が5週連続で、アニメ映画を放送するのだ。その狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 7日夜、『金曜ロードSHOW!』で、アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が放送されます。

 実は一週間前の7月31日にもアニメ映画『聲の形』が放送され、さらに来週14日には『となりのトトロ』、21日には『コクリコ坂から』、28日には『借りぐらしのアリエッティ』と3週連続でジブリ映画も放送。夏休みの時期に計5週連続でアニメ映画が放送されるのですが、このラインナップにネット上には喜びや期待の声が飛び交っています。

 アニメ映画の5週連続放送は、昨年の3週連続、2年前の4週連続、3年前の2週連続と比べても多い数字。しかも今年6〜7月の2か月間は8回中6回が洋画だっただけに、大きな変化を感じさせられます。

 なぜ今夏の『金曜ロードSHOW!』はここまでアニメ映画にこだわり、そのことが人々の喜びや期待につながっているのでしょうか。掘り下げていくと、単に夏休みの時期だからではなく、さまざまな背景や事情が見えてきます。

夏の風情を感じる貴重なコンテンツ

 やはり背景として無視できないのは、新型コロナウイルスの影響。再度の感染拡大によって例年のような開放感はなく、「花火大会や夏祭りは中止」「旅行どころか里帰りもできない」「音楽フェスも甲子園もなし」など、夏を感じて楽しめるものが極端に減ってしまいました。

 テレビ番組に目を向けても、相変わらず朝から夜まで新型コロナウイルス関連ばかり。例年のような大型音楽特番が見送られるなど、夏の風情を感じさせるものは少なく、ドラマですら3か月間時期がズレて、いまだに春ドラマが放送されています。

 だからこそ唯一、夏休みのムードを感じられるのがアニメ映画。すっかり夏休みの風物詩となったジブリ映画を筆頭に、親子一緒に安心して楽しめる貴重なコンテンツとなっています。

 また、異例の5週連続放送は、地域ごとに時期が分散し、しかも例年よりも短くなってしまった子どもたちの夏休みにフィット。本来は楽しみな夏休みであるにもかかわらず、大人同様に外出自粛を余儀なくされる子どもたちを癒すものになるでしょう。

 今年のラインナップで特筆すべきは、長年愛され続けるジブリ映画だけでなく、2016年公開の『聲の形』、2017年公開の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』と近年公開の作品をそろえたこと。どちらも子どもたちの目線から描いた物語であり、「日本アカデミー賞優秀賞」を獲得した名作であることも含め、「子どもたちにこの作品を見てほしい」という制作サイドのメッセージ性を感じさせます。

リクエスト募集で旧作にも脚光を

『金曜ロードSHOW!』を放送する日本テレビにとっても、在宅率が高くなりそうな今年の8月は大きなチャンス。とりわけ同局は他局以上にファミリー層の視聴を重視する方針を採用してきただけに、「今夏はアニメ映画を続けることで、さらに支持を集めたい」という意図が見えます。

 他局は2時間特番枠こそあるものの、バラエティか2時間ドラマがメインで、映画を中心に放送しているのは『金曜ロードSHOW!』だけ。さらにアニメ映画の放送はめったに行われないため、今回の5週連続放送で「テレビで映画を見るなら日テレ」「アニメ映画なら当然、日テレ」という印象をさらに決定づけられるのではないでしょうか。

 また、『金曜ロードSHOW!』はアニメ映画に限らず、これまで視聴者を楽しませるために、さまざまな工夫を施してきました。今年のコロナ禍においてもリクエスト募集を行い、4月に『天使にラブソングを』、6月に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを3週連続で放送して視聴者を喜ばせました。

 現在もリクエスト募集の第3弾を行うなど、「テレビ局が一方的に選んだものを放送する」のではなく、「視聴者が本当に喜ぶものを放送しよう」「新作ばかりに目を向けるのではなく、もう一度名作に光をあてよう」という姿勢は他局にはないものです。そんな双方向でのやり取りが続く限り、今後も『金曜ロードSHOW!』に対する喜びや期待の声はあがり続けていくでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。