青々とした木々、澄んだ空気、見上げれば、昼には真っ青の空が、夜には満点の星空が迎えてくれる――。世間のざわめきから一転、離婚直後の杏(34才)が身を寄せていたのは、静寂に包まれた日本有数の別荘地だった。

 家の周りでは子供たちが駆け回り、エプロン姿の杏が声をかけると、子供たちは声のする方へ走っていった。

 ほどなくして、その家のドアをノックしたのは、長身で若い外国人風のイケメン男性。両手に抱える膨らんだビニール袋の中に入っているのは、夕飯の材料だろうか。彼が家の中に入ると、一段と大きな笑い声が聞こえてきた。

 杏はいま、この別荘地で新しい生活を歩み始めていた。心の底から信頼できる“交友関係”と共に――。

 8月1日、杏と東出昌大(32才)は連名で離婚を正式発表。世間を騒がせた東出の不倫発覚から半年以上を経て、ついに結末を迎えた。

 離婚まで期間が空いたため、一時は復縁の可能性も報じられていた。

「両親の離婚を経験している杏さんが、子供にも“同じ経験をさせるのはどうか”と思い悩んでいたためともいわれています。さらに杏さんは東出さんの金銭面も心配していました。CM降板に伴う2億円ともいわれる違約金は彼の所属事務所が肩代わりしています。東出さんは、その一部の返済と養育費の支払いで手一杯で、慰謝料を払う余裕はない。この離婚で杏さんは慰謝料を求めないとみられていますが、そんな東出さんと事務所のことを考えてのことだそうです。ただ、共同名義で買った自宅はすべて杏さんのものになるはずですが」(テレビ局関係者)

 離婚発表後、杏と子供たちの姿は自然豊かな別荘地にあった。父・渡辺謙(60才)が持つ別荘の1つに、信頼できる相手と訪れていたのだ。

「謙さんとパートナーの女性の姿はたまに見かけますが、数日前から杏さんたちが来ていました。一時的に杏さんたちに貸し出しているのだと思います。

 若い外国人男性? たぶん杏さんの友人でしょう。奥さんと小さい子供と一緒に来ているかたです。この友人夫婦は杏さんが深く信頼している人なんでしょうね。数日間ずっと一緒のようです。夜には、彼らと食卓を囲んでいたのか、楽しそうな声も聞こえてきました。離婚が成立したことを祝うパーティーなのでしょう。先日お見かけしたときは、つきものが落ちたように満面の笑みを浮かべていらっしゃいましたよ。長くつらかった東出さんとの離婚問題が解決したことでスッキリしたのでしょう」(近隣住民)

 シングル・マザーとして生きていく――そう決めた杏は、ついに自由を手にしたのかもしれない。

※女性セブン2020年8月20・27日号