少し前までは人気の深夜番組がゴールデンのレギュラーに昇格するケースが多かったが、そうした形は最近めっきり減り、今のトレンドは「深夜番組を時々、ゴールデン特番として放送」だという。そこに見え隠れするテレビ局の事情とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

* * *
 この1か月あまりで、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系、毎週月曜24時15分〜)、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系、毎週日曜23時〜)、『HEY!HEY!NEO』(フジテレビ系、不定期深夜)、『家事ヤロウ』(テレビ朝日系、毎週水曜23時15分〜)、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23時59分〜)の特番がゴールデンタイムで放送されました。

 これらの共通点は通常、深夜帯で放送されていること。純然たる特番や、ゴールデンタイムでレギュラー放送されている番組の特番ではなく、なぜ「深夜番組の特番をゴールデンタイムに進出させよう」という動きがあるのでしょうか。

◆「収益性が低い」という課題をカバー

 深夜番組がゴールデン特番として放送される理由として、鍵を握る存在となっているのは『アメトーーク!』(テレビ朝日系、毎週木曜23時15分〜)。2003年4月のスタートから他の深夜番組がゴールデンタイムに昇格していく中、一貫して深夜帯での放送を続け、その代わりに年に数回ゴールデン特番を放送してきました。

 ただ、テレビ朝日は日本テレビと熾烈な視聴率首位争いをしていた2016年10月、通常の深夜放送に加えて「日曜ゴールデンタイムに『日曜もアメトーーク!』もスタートさせる」という強気の編成を決行。しかし、『日曜もアメトーーク!』は思ったほどの結果は得られず2018年9月までの2年間で終了し、深夜放送+ゴールデン特番という形に戻りました。

 こうした経緯もあって他の深夜番組も安易にゴールデンタイムへ昇格させるのではなく、「深夜での放送を続けつつ、時折ゴールデン特番を放送する」という『アメトーーク!』式の戦略が増えているのです。

 実際、今月も『アメトーーク!』は木曜深夜帯での放送に加えて、7日19時からゴールデン特番『アメトーーク!3時間SP』を放送しました。もともと深夜番組には「広告収入が得にくいため収益性が低い」「予算の少なさから出演者や企画に制限がかかる」などの課題があり、「長年放送し続けるのは難しい」というのが業界内の定説。

 しかし、『アメトーーク!』は熱心なファンが多い上に、DVD販売も計算でき、「ゴールデン特番で稼ぐこともできる」という新たな可能性を切り拓きました。このような深夜番組なら、強引にゴールデンタイムへ昇格させたり、「収益性が低いから」と打ち切ったりする必要性はありません。

◆深夜でも「局の看板番組」や汎用性の高さがポイント

 もともと「ゴールデンと深夜では視聴者層が大きく異なる」と言われ、番組の構成・演出に変化をつけていましたが、近年では「年を追うごとにそのギャップが大きくなっている」という声も挙がっています。

 特にゴールデンはネットの普及で視聴者の大半が中高年層とファミリーに偏っているだけに、「深夜番組を昇格させてもフィットしないだろう」という見方が強くなり、最近ではほとんど見られなくなりました。ゴールデンの新番組は深夜からの昇格ではなく、「単発特番の中から結果を残したものが選ばれる」という形がスタンダードになっているのです。

 それだけに深夜番組で求められているのは、『アメトーーク!』のように「熱心なファンに向けて通常放送しながら、時折ゴールデン特番で稼げる」という汎用性。『アメトーーク!』以外でも、『月曜から夜ふかし』『有吉反省会』(日本テレビ系)、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)も似た形で一定の成功を収めています。

 さらに今後も、『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)、『それって!?実際どうなの課』(日本テレビ系)、『かみひとえ』(テレビ朝日系)あたりのゴールデン特番が見られるかもしれません。

 また、もう1つ興味深いのが1993年から土曜深夜で放送され続けている『COUNT DOWN TV』(今春から『CDTVサタデー』に改題、TBS系)。同番組も『アメトーーク!』と同様に時折ゴールデン特番を放送してきましたが、今春からは『CDTVライブ!ライブ!』という派生番組をプライムタイムでスタートしました。深夜に放送していても「局の看板番組」であることや、汎用性の高さがポイントになっていることがわかるのではないでしょうか。

◆日曜昼の終了番組もゴールデン特番に

 各局が視聴率確保と制作費削減という目的から、「ゴールデンのレギュラー番組を2〜3時間の特番として放送すること」が当たり前のようになりました。視聴者にしてみれば、それらに特別感はなく、もはや特番とは言えません。ただテレビ局にしてみれば、新規特番の量産は質やリスクなどの面で難しいところがあり、だから深夜番組の特番を放送しているという側面もあるようです。

 ちなみに、この傾向は深夜番組だけではなく、土曜・日曜の日中に放送されている番組にも見られるようになりつつあります。

 たとえば今月10日、今年6月21日まで日曜昼に放送されていた『第7キングダム』(日本テレビ系)の特番「ゴールデン2時間SP」が放送されました。日曜昼の番組という放送時間帯もさることながら、「終了した番組のゴールデン特番を放送する」という形も異例。さらに言えば、当初から同番組は「早期に終了させること」「その後にゴールデン特番を放送すること」が決まっていたようです。

 これはゴールデン特番の自由度が増しているとともに、「特番としての内容が担保でき、一定以上の視聴率が期待できるものであれば、どんな時間帯の番組にもチャンスがある」ということでしょう。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。