新型コロナウイルスの感染拡大は、テレビ界にも大きな影響を与えている。54年も続く長寿番組『笑点』(日本テレビ系)は3月22日放送分を最後に公開収録を中断。名物コーナー『大喜利』は無観客を経て、5月24日放送分からリモート出演に切り替わった。7月26日放送分からは通常のセットに戻ったが、司会の春風亭昇太、林家たい平以外の出演者はリモートのままだった。

 これが、ピンクの着物を羽織る三遊亭好楽に微妙な変化を与えているという。笑点研究家で好楽のドヤ顔ウォッチャーでもあるライターの岡野誠氏が、データをもとに考察する。

 * * *
 三遊亭小遊三は盗人、林家木久扇はおバカ、林家三平はつまらない、三遊亭円楽は腹黒、林家たい平はアクション……『笑点』メンバーには、それぞれキャラクターがある。中でも、三遊亭好楽はケチや暇、落語うろ覚えに加えて“ドヤ顔”という特異な顔芸を持つ出演者だ。

 あのレイザーラモンRGもマネしている好楽の“ドヤ顔”とは何か。公式本『笑点五〇年史1966-2016』(ぴあMOOK)には、事細かに説明されている。

〈斜めにあごを引き、上目遣いでカメラを見据える──。好楽が回答したあとに見せるドヤ顔。かつては「どうや?」という感じもするが、最近では不適な笑みさえ浮かべてドヤ顔していることも〉

 つまり、好楽のドヤ顔の条件には【1】斜めに顔を向ける、【2】あごを引く、【3】上目遣いでカメラ目線、の3つがあるわけだ。

 今年、1月5日から8月2日まで『笑点』の大喜利は23度放送された。その中で、好楽は103回答、1オンエア平均4.48回答(小数点3位以下を四捨五入)をしている。いったい、ドヤ顔を何回したのだろうか。好楽の回答後の表情ベスト5を挙げてみよう。

1位:「笑う」39回
2位:「回答中と同じような表情」22回
3位タイ:「微笑」「ドヤ顔」11回
5位:「吹き出す」9回

【*回答後、司会やメンバーに突っ込まれる前の表情をチェックして算出。笑顔系の場合、声を出して笑っている=「笑う」、声を出さずに笑顔=「微笑」、回答中に笑う=「吹き出す」と区別する。笑顔系の後に、ドヤ顔などのポーズを取った場合は後者のみカウント。何らかのポーズを複数取った場合は、それぞれを1カウントする。例えば、3月1日の2問目では「私、三遊亭好楽。ヌードモデル始めました」と回答後、まずドヤ顔を披露。続けて、正面向かって右に扇子を動かしながら、右斜め上を見ておどけたポーズを取った。このケースは「ドヤ顔」と「おどける」を1つずつ数える】

 好楽は今年、23度の大喜利で11回のドヤ顔を披露している。単純計算すれば、視聴者は2オンエアに1回、そのイヤらしい顔付きを見られるペースだ。

 回答後の表情を公開収録(1月5日〜3月22日・12オンエア55回答)、無観客(3月29日〜5月10日・5オンエア27回答)、リモート(5月24日〜7月26日・6オンエア21回答)の3つに分け、ベスト3を出してみよう(*無観客以降は総集編も放送しているため、大喜利の回数が減少)。

【公開収録】1位:「笑う」25回、2位:「ドヤ顔」9回、3位:「回答中と同じような表情」 6回
【無観客】1位:「笑う」11回、2位:「回答中と同じような表情」7回、3位タイ:「ドヤ顔」「吹き出す」「微笑」2回
【リモート】1位:「回答中と同じような表情」9回、2位タイ:「微笑」「吹き出す」4回、3位:「笑う」3回

 実は、リモート出演になって以降、好楽は一度も回答後にドヤ顔をしていない。6月21日、7月26日の挨拶では、上記のドヤ顔3条件に当てはまる表情をしているものの、どこか寂しげで公開収録時のドヤ顔とは趣が異なっている。

ドヤ顔はどんな回答の時に生まれるのか?

 リモートとドヤ顔の関係を分析する前に、好楽のドヤ顔はどんな回答の時に生まれるのか検証してみよう。2020年のドヤ顔全11回を調べると、以下のような結果になった。

1位:4回「自分のキャラクターを逆手に取ったネタ」
2位タイ:3回「社会的、一般的なネタ」「自分のキャラクターを生かしたネタ」
3位:1回「メンバーいじり」

 1位になった「自分のキャラクターを逆手に取ったネタ」とは何か。2月16日午後5時49分、「いろんな人にとって『知らなくていいこと』とは何なのか」という問題に、好楽はこう答えている。

「寄席のお客さんが知らなくていいこと。たった1回目の高座のために命を注いで毎日やっている落語家の厳しい稽古」

 普段の“落語うろ覚えキャラ”を逆手に取っている。

 ドヤ顔発生時のネタ2位以下は好楽の回答で頻出するが、1位の「自分のキャラクターを逆手に取ったネタ」は今年の103回答のうち5回しか使われておらず、そのうち4回でドヤ顔をしている。つまり、このパターンの時は高確率でドヤ顔をするのだ。

 実は、リモートでも一度このネタを使っている。5月24日、「すごろくはゴールはあるけど、芸の道はさあ、ゴールはないんだよ。知ってるかい?」と“落語うろ覚えキャラ”を逆手に取ったネタを披露。

 この時、好楽は斜めを向いた──。しかし、顎は引いておらず、上がったままの状態に。そのため、下から覗く上目遣いではなく、上から見下ろすような目線だった。3条件のうち2つが欠けており、ドヤ顔とは判断できない。

 6月28日の「1つの漢字を離して、新しい意味を考えてください」という問題でも、「休という字が離れてます。飛び石連休」と回答後に斜めを向いたものの、残りの2条件に欠け、ドヤ顔には至らなかった。

ドヤ顔を披露しなくなった3つの背景

 なぜ、好楽はリモート出演になってから、ドヤ顔を披露しなくなったのだろうか。主に3つの理由が考えられる。

【1】椅子に腰を掛けている
 座布団の上に正座している通常時と違い、リモートでは背もたれのある椅子に腰を掛けている。今年のドヤ顔場面を振り返ると、3月22日の1問目を除けば、角度の差はあれ前屈みになっている。つまり、後ろに寄り掛かれる椅子とドヤ顔は相性が悪いのだ。

【2】スイッチャーやカメラマンの存在
 普段の収録時は、テレビ画面の切り替えを行なうスイッチャーが、カメラに赤いランプを灯している。それを確認して、好楽はドヤ顔をしているはずだ。その証拠に、今年の全11回を見ると、ドヤ顔が途中から映ったシーンはない。

 また、根拠の1つとして、次のシーンも挙げたい。5月3日、たい平に挨拶でイジられると、好楽は「よせよ!」と突っ込んだ。たい平を捉えていたカメラが自分に切り替わったと気付くと、好楽はもう一度「よせよ!」と発している。カメラマンは好楽を意識しているし、好楽もカメラマンを意識しているのだ。

 リモート放送ではカメラマンが構えているわけでもなく、スイッチャーが赤いランプで知らせるわけでもない。家で1人取り残された好楽からドヤ顔が消えたと推測される。

【3】無観客
 好楽は観客の反応によって、ドヤ顔の長さを変えている。例えば、3月15日には「あのお好み焼きで有名な大阪が日本から離脱したいみたいですね(司会:本当ですか?)。この話さ、ひっくり返されたみたい」と回答後にドヤ顔をしたものの、客や司会の昇太の反応が薄かったためか、1秒で終了している。

 一方、3月8日に「いや〜宮城県走ってると思い出すなあ(司会:頑張れ!)。宮城県と円楽は先代が良かった」と回答すると、観客が大爆笑。すると、好楽は人差し指でカメラを指してからドヤ顔へ。その後、3度も首を左に捻ってアピールした。途中、円楽の表情も挟まれたが、7秒近くもドヤ顔が続いたと思われる。

 前述の斜めに顔を向けた「芸の道にゴールはない」「飛び石連休」ネタの際、もし公開収録で観客が沸けば、そのまま顎を引き、上目遣いの視線になってドヤ顔が完成した可能性は十分あっただろう。

 つまり、好楽のドヤ顔は本人の意思だけでなく、セット、スタッフ、観客が一体となった時、初めて生まれるものなのだ。

 我々は、もう4か月近くも好楽のドヤ顔を拝めていない。新型コロナウイルスの早期終息による『笑点』公開収録復活、そして好楽のドヤ顔披露を願ってやまない。

◆取材・文/岡野誠:ライター、笑点研究家、松木安太郎研究家。NEWSポストセブン掲載の〈検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?〉(2019年2月)が第26回『編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』デジタル賞を受賞。本人や関係者への取材、膨大な一次資料、視聴率などを用い、好楽ドヤ顔研究以上に丹念な考察をした著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記』(青弓社)が話題に。