新型コロナウイルスの感染者数は少しずつ落ち着いてきたとはいえ、感染の再拡大に備えて、引き続きマスクをつけての外出が必須の状況が続いている。マスクをつけた女性ミュージシャンやタレントたちはどんなコーディネートをしているのか。彼女たちのハイセンスな装いとは?

 5月下旬、東京・青山でマスク姿の田中みな実(33才)の姿をキャッチ。髪を高めの位置で結んだラフなポニーテールに、白いTシャツと黒のロングスカートというシンプルなコーディネートだが、ロングスカートには太ももまで見える深いスリットが入り、足元はヘビ柄のブーツでスパイスを効かせている。颯爽と歩を進める度に見え隠れする美脚とスカートのシルエットが絶妙で、あふれるオーラに時折「あれ、もしかして……」と振り返る人もいたほど。

 また6月中旬には、仕事帰りに都内の高級スーパーで食材を買い込む田中の姿を発見。白の立体型マスクをした彼女はこの日も髪をポニーテールでまとめ、淡いグリーンと茶系のストライプ柄のつなぎというセンスあふれる装い。足元は黒のウエッジサンダルで夏のコーディネートを楽しんでいた。

 7月上旬の深夜、都内の某ラジオ局から収録を終えて出てきたマスク姿の美女はAKB48の峯岸みなみ(27才)。黒のロングワンピースにチャコールグレーのトップスをインナーに合わせたシンプルな服装だが、赤いエナメルのミュールで足元にワンポイントを加えているあたりは、さすが“大人の女性”の装いだ。ロングワンピースがスラリと細く伸びた手足にマッチし、サラサラストレートの黒髪ロングヘアが一層スタイルの良さを感じさせた。

 同じく黒を着こなしたのは歌手・JUJU。8月上旬、仕事を終えたばかりの彼女は、胸元がざっくりと開いたセクシーな黒のトップスに、黒いコートとパンツ、パンプスの”全身黒コーデ”。肩にはルイ・ヴィトンの小さめバッグをかけ、左手に装着した大きめ腕時計もアクセントになって、マスクをしていても一目で分かる、まさに大物アーティストのオーラ満載だった。

 フリーアナウンサーの夏目三久(36才)も黒をおしゃれにまとめた。6月上旬、プライベートで外出した夏目はマスクにメガネ、全身黒の服装で統一した控えめなコーディネートだが、肩に斜めがけしていた高級ブランド「CELINE」のリップ入れがポイントに。小物使いにセンスが光った。

 6月中旬、都内のラジオ局にマスクをして現れたのは、演歌歌手の石川さゆり(62才)だ。ビビッドな緑のギンガムチェックのゆったりとしたワイドパンツに、白いTシャツ、白いスニーカーの “ゆるシルエット”姿は、テレビで見る着物姿とはまた違った魅力がある。

 うだるような暑さに見舞われた8月下旬、都内の老舗百貨店から颯爽と姿を現したのは、人前にめったに姿を見せない「歌姫」中島みゆき(68才)。ツバが大きめの紺色のハットにメガネとマスクを装着し完全防備しているが、黒のパンツに白い上着、ブロンズ色のスニーカーを合わせたスポーティな装いはどこか気品を感じさせた。

 6月中旬の休日、都内の高級住宅街に現れたのはタレントで医師の西川史子(49才)。顔半分が隠れる大きめマスクに、スヌーピーが前面にプリントされた大きめの淡いブルーのスウェット、ひざ下までの薄いジーンズ生地のパンツ、足元はサンダルというリラックスコーデだ。全体的にゆるめで統一しているからか、西川の華奢な抜群のスタイルが一層際立ち、変わらぬ美貌を見せつけていた。

 コロナ禍でもセンスあふれるお出かけスタイルは、さすが第一線で活躍するミュージシャンやタレントたち。マスクをしてもおしゃれオーラは隠せなかった。