アイドルばりのルックスやタレント経験など、派手さが目立つキー局の女子アナとは異なり、地方局で長く活躍する女子アナに共通するには「親しみやすさ」だ。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「地方に住む人にとって、画面に映るキー局の女子アナはタレントと同じ存在です。ですが地元局のアナウンサーは違う。他の記者と同様に自ら現場に足を運んで取材することも多いため、いかに親近感を持ってもらえるかが人気の秘訣です。

 そのためキー局には女子アナの“30歳定年説”があるなどと言われますが、地方では看板番組のキャスターを同じ人が長年続けるケースも少なくない」

 地方局アナはキャリアも経歴もルックスもまるで異なるが、地元の視聴者からは日テレの「水卜ちゃん」より愛される“女傑”ばかり。地元民に愛され続ける全国の地方局女子アナ10名を紹介しよう。

【テレビ北海道 湯浅知里アナ】

 山形・さくらんぼテレビを経て“北上”した愛されアナで、競馬番組などを担当。「2019年の正月特番『YOUは何しに日本へ?』で道内の秘境、島牧村で何日間も歩き回りYOU(外国人)を探しました」

【テレビ岩手 矢野智美アナ(28)】

 わんこそばの「早食い大会」アナ部門で優勝し、一躍県内の話題に。「番組企画で被災地の沿岸300kmを徒歩縦断した思い出は生涯忘れません。来年は震災から10年。被災地の今をお届けします」

【福島テレビ 菅家ひかるアナ(25)】

 地元・喜多方出身で夕方ニュース『テレポートプラス』を担当。「生粋の福島っ子なので視聴者の中には家族や親族も。オンエア後に祖母からLINEで『あの発言はいまいち』と厳しいツッコミが!」

【千葉テレビ 駒井亜由美アナ】

 青森テレビで13年のアナ経験を経て地元・千葉に凱旋し夕方と夜の顔に。「青森出身で千葉在住の視聴者から『青森時代から見てる』とお手紙をいただけたのが千葉のアナとして本当に嬉しかったです」

【北日本放送 柴田泰佳アナ(35)】

 ズバッと語る本音トークが人気の地元富山出身アナ。「番組でモノマネや変顔をしているのですが、視聴者と街中で会った際に直接“元気もらっとるよ”と言ってもらえる時にやりがいを感じます!」

【テレビ金沢 徳前藍アナ(27)】

 若手ながら全国ネットで1年に10kg太ったずぼらアナとして紹介され人気に。「金沢訛りが抜けず、華やかさもない私ですが、年配の方に孫を見る気持ちで見守っとると言われ嬉しかったです」

【京都放送 海平和アナ(33)】

 ぶりっ子キャラで地元に親しまれる看板アナ。「視聴者の皆様から“なごみん”と呼んでいただいています。地元のおにぎり屋さんとコラボしておみくじ付き“なごみの縁むすび”を発売しました」

【サガテレビ 花田百合奈アナ】

 夕方情報番組の看板アナ。「『FNS 27時間テレビ』のコーナーに参加した際に出演いただいた地元男性が亡くなられ、出演時に一緒に撮った写真が葬儀会場で飾られていた時は涙が溢れました」

【鹿児島テレビ 美川愛実アナ(28)】

 キリッとクールな印象とは裏腹に完食リポなどで親しまれる。「与論島にロケで行った時は、エメラルドグリーンの海と、真っ白な砂浜に大感動しました。鹿児島県民も知らない地域の情報もお届けしたい」

【沖縄テレビ放送 金城わか菜アナ(37)】

 空手歴10年以上の腕前を持つ沖縄の顔。「沖縄は全国で肥満率No.1! ぽっちゃりアナの私がイメージキャラとなり『県民一丸となって痩せて健康になろう』とキャンペーンを展開。当時は10キロ痩せました」

取材・文■河合桃子

※週刊ポスト2020年10月2日号