天気予報といえば“お天気お姉さん”という時代も長かったが、最近はお天気お兄さんもどんどんと増えている。今年3月30日に『羽鳥慎一モーニングショー』(月〜金曜午前8時〜)で気象キャスターデビューをしたのは、片岡信和さん(35才)だ。

「初めは緊張で足が震えました。約半年経って、だいぶ慣れましたが」(片岡さん・以下同)

 そんな彼は、俳優でもある。

「20代前半は、白馬の王子キャラで売り出していまして(笑い)。ぼくを見て泣いてしまうファンもいたんですよ」

 なのに、なぜ気象予報士に?

「自分が出演している作品が自然災害でお蔵入りしてしまい、役者って平和じゃないと成り立たない職業だなと痛感しました。それで、人の役に立つことをライフワークにしようと思ったときに、気象予報士っていいなと思って」

 片岡さんのお天気コーナーでユニークなのが、締めに行うワンポイントストレッチ。

「もとは、ステイホーム中の運動不足解消法として、期間限定で始めました。大学でスポーツ科学を学んだので、運動はすべてぼくが考えたオリジナル。好評で、しばらく続くことになりました。予報と運動を毎日考えるのは大変ですが、羽鳥さん、玉川(徹)さんが一緒に盛り立ててくれるのでありがたいです」

 1日10分の筋トレも日課として続けている。

「毎日やっていたら筋肉バキバキの体になってしまって。ファンのかたからは『顔と合わない』とクレームをいただきました(笑い)」

 台風シーズンは24時間気が抜けないというが、そんな多忙な日々でも、筋トレとあわせて毎日欠かさないのが、ピアノ演奏だ。

「毎日1時間は練習しています。作曲も好きで、インディーズで曲も発表しています」

 加えて、絵本も出版するという多才ぶり。

「役者のトレーニングで培った発声で、高齢のかたにも聞き取りやすい解説を心がけています。それに、急なゲリラ雷雨などのピンポイントな情報を、前もって、的確に予報していきたいと思っています」

●イケメン気象予報士へ一問一答

【Q. 気象予報士としての必需品は?】
A. 赤と青のボールペン。天気図の解析に使用しています。

【Q. 天気予報をする上で、欠かせないルーティンは?】
A. 立って作業すること。集中できるし、座ると寝てしまうので、仕事中は座りません。

【Q. 好きな季語や天気の言葉は?】
A. 陽炎(かげろう)。灼熱の夏かと思いきや春の季語なのが印象に残っています。

【Q. 好きな女性のタイプは?】
A. 子供の頃から松たか子さん。凜として品のあるところが好きです。

【Q. 気分転換の方法は?】
A. テレビ朝日の屋上で、美しい朝焼けを撮影すること。SNSにアップしています。

【プロフィール】
片岡信和(かたおか・しんわ)/1985年生まれ、東京都出身。独身。2008年『炎神戦隊ゴーオンジャー』(テレビ朝日系)でデビュー。2019年に資格取得。今春より『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)、『シャキーン!』(NHK Eテレ)の“お空みよう士”としてもおなじみ。

※女性セブン2020年10月8日号