TOKIOの元メンバー・山口達也容疑者(48才)が9月22日、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。

 9月22日──奇しくもその前日は、26年前にTOKIOのメンバーとしてCDデビューを果たした日だった。そんなタイミングで彼は再び過ちを犯してしまった。4連休最終日のことだった。9月22日午前9時半頃、山口が運転していたバイクが、東京・練馬区の交差点で信号待ちをしていた乗用車に追突した──。

 *
 山口は2018年4月、自身が司会を務めていたNHKの番組で知り合った女子高生を自宅に呼び出し、酒に酔った状態で強引にキスを迫るなどして強制わいせつ容疑で書類送検されている。この後、所属事務所が契約を解除し、TOKIOからも脱退した。

「彼はその5年ほど前から精神的に不安定な状態にあり、不安を打ち消そうとしてアルコールを頼り、トラブルを起こすこともあった。事件後は専門的な医療機関に入院し、本格的な治療を受け、退院後も定期的に通院していました」(芸能関係者)

  しかし、酒との縁は切れていなかった。山口は、酒気帯び運転で現行犯逮捕されてしまったのだ。

父親として精一杯のことをやっていた

 アルコール依存症は全国に100万人以上いるといわれている。

「アルコール依存症は、寛解に4〜5年かかるといわれています。また、ひとりでの治療は困難です。周囲に支えてくれる人がいなければ、すぐに後戻りをしてしまいます」(医療関係者)

 山口には応援してくれる人たちがいた。人目を避けての日常生活を支えてくれていたのは近所に住む兄夫婦だ。山口本人も感謝の言葉を口にしていた。

「兄夫婦には生活のサポートをしてもらっています。兄がいなければ、いまこうしてお話ができるまで回復していたかどうか……本当に感謝しています」

 TOKIOのメンバーも、常に山口を気にかけていた。今年7月、TOKIOは長瀬智也(41才)が来年3月末で所属事務所を退所すること、残った3人でTOKIOを会社化することを表明している。そのとき、本誌・女性セブンの取材を受けた国分太一(46才)と城島茂(49才)は、「山口とはずっとつながっている。5人の絆は変わらない」と明かしていたが、誰よりも早く真っ先に「山口」と口にしたのは松岡昌宏(43才)だった。

「ぼくは昨日、山口に(会社設立を)報告しました。30分も話しています。彼も応援したいと言ってくれたし、彼も彼なりに一生懸命頑張っていると言っていました」

 2018年の事件後、「(山口の)甘えの根源がぼくらTOKIOだとしたら、そんなTOKIOなら一日も早くなくした方がいいと思います」などと、メンバーの中で最も厳しい言葉を口にしていた松岡の本心は、山口にも届いていた。

 実兄にTOKIO。そして、もう1つの支えとなっていたのが2人の息子だ。山口は2008年に5才年下の元モデルと結婚し、2人の男児をもうけていた。しかし2016年に離婚。子供は前妻と共に海外で暮らすようになった。それでも、事件後も頻繁に連絡を取り合っていた。

 昨年8月、本誌・女性セブンの記者が山口を直撃した際、「息子たちとは電話で他愛ない話をしています。定期的に連絡は取っています」と言う山口に「会いたいですか?」と記者が尋ねると、一瞬、言葉に詰まった。

「会える時間があればうれしいですけど、いますぐとは考えていません。彼らの母親が私のやったことをちゃんと説明してくれていて、子供たちも自分の父親が何をやったかをよく理解しています。私と違って頭がいいんです。2人とも自慢の息子なんです」

 その息子たちに山口は連絡を取るだけでなく、洋服などのプレゼントを贈っていた。「贅沢な暮らしをしないから大丈夫ですけど、お金はありませんよ」と苦笑いしていた彼は、苦しい生活の中でやりくりし、父親として精一杯のことをやっていたのだ。彼にとって息子たちの存在が生活の支えでもあった。

 山口は、こんな願いも語っていた。

「いつの日か、もう一度人前に出たいんです。やっぱり人に何かを訴えかける仕事がしたいんです」

 多くの人に支えられ、その日までの道のりを確かに歩んでいるように見えていた山口。支援の手を自ら離すようなこの躓きから、どのように立ち直るのだろうか。

※女性セブン2020年10月8日号