業界きっての大物俳優である鈴木京香(52才)と中井貴一(59才)は、かつて交際していたが、25年前にとある恋愛トラブルで破局。以降、お互いに「共演NG」となっていたのである。ところが、今クールの連続ドラマ『殺したいほど愛してる』の主演としてついに共演を果たす。2人は再会の瞬間からバチバチと火花を散らし、長年の憎しみとプライドが激しく交錯する──。

 実はこれ、10月26日スタートのドラマ『共演NG』(テレビ東京系)のストーリー。京香と中井が四半世紀の因縁を持つ元カップル役で、山口紗弥加(40才)、リリー・フランキー(56才)らが脇を固める。企画・原作を務める秋元康氏はこんなコメントを寄せる。

《テレビや映画のキャスティングをしていると、スタッフから『〇〇さんと××さんは共演NGなんで……』と言われることがよくあります。明確な理由を説明されることもありますが、たいていは、芸能プロダクションのマネージャーから、『色々ありまして……』と言葉を濁されます。共演NGの2人は過去に何があったのでしょうか? そんな興味から、今回のドラマを企画しました》

 業界を知り尽くした秋元氏が手がけるドラマだけに興味津々だが、キャスティングを担当するテレビ局関係者は「共演NGは実際にありますよ」と苦笑する。

「上層部からお達しがくるというより、“この2人はヤバいかも”と周囲が忖度することがほとんど。特に破局報道があって元カレ・元カノの関係とわかると“気まずいんじゃないの”と声があがる。ごくまれにキャスティング最中に事務所からお達しがあり、“この2人は共演NGだったのか!”と大慌てになることもあります」

 冒頭のドラマ『共演NG』は別の意味でも業界をザワつかせている。

「主演が京香さんというところがリアルでビックリしました。というのも京香さんは、知る人ぞ知る共演NGの多い女優さんですから。なかでも米倉涼子さん(45才)は同じモデル出身のトップ女優ということで、京香さんサイドが難色を示すことが多いとされますね。

 2001年の『非婚家族』(フジテレビ系)以来、共演は20年もない。あの作品では真田広之さん(60才)の元妻を京香さんが、2番目の妻を米倉さんが演じたのですが、現場で何かあったのでしょうか……」(ドラマ制作スタッフ)

 京香は白石美帆(42才)、深津絵里(47才)との共演も敬遠しているとウワサされる。

「白石さんは京香さんと交際中の長谷川博己さん(43才)とかつてつきあっていたと報じられています。深津さんとは互いに堤真一さん(56才)が元カレでかぶるんです。彼女らの関係はドラマ畑なら誰でも知っている話で、同時にブッキングすることはまずありません。京香さんも深津さんも三谷幸喜作品の常連なのに共演がほとんどないのは、そういった問題が絡むといわれます」(前出・ドラマ制作スタッフ)

※女性セブン2020年11月5・12日号