木村佳乃、吉田羊、仲里依紗が演じる3人の母の恋を描くTBS系ドラマ『恋する母たち』(毎週金曜22時〜以下『恋母』)。その原作者である柴門ふみさんと、ドラマの脚本を担当した大石静さんが対談する。大人の恋愛を描き続けてきた2人が、女性の生き方について赤裸々に語り合う。

 相次ぐ有名人の不倫騒動。発覚すれば、厳しい批判にさらされる。不倫は家庭内の問題なのではないか──。

柴門:欲求を表に出せば非難され、いろんな意味で、いまの女性は疲弊していますよね。仕事も子育ても主婦業も両立しないと一人前と認められません。

大石:昔は嫁に行ったら、家のことだけしてたらよかったけど、1990年代くらいから? “働くママこそかっこいい”という風潮になってきた。

柴門:働きながら家事に育児なんて、できるわけがないですよ。私もできません。

大石:そうそう。私は30代の頃、子育てに奔走する友人を尻目に、仕事に恋と好き勝手なことをやっていて、この落とし前がどこかで来るなぁと思ってました。あぁ、でもいま思えば、40代も50代も若かった。年を重ねて思うのは、諦めなきゃいけないことの多さ。昔はちょっと徹夜して仕事をするとか、たくさん遊んでも〆切りは守るとか、そういうことができていたけど、いまはとてもできません。

柴門:本当! 油っこいものは食べられなくなっちゃって。だからって、あの頃に戻りたいとは思わないですね。

大石:そう、若さへの郷愁はさほどありません(笑い)。私たちだってピカピカの時代があったんですから、仕方がないと思います。

柴門:そうそう。それにもし30代に戻れたとしても、どうせまた60にならなきゃいけないから。それって大変ですよ(笑い)。

大石:そのセリフ、素敵! いつかドラマのセリフにしよう(笑い)。

柴門:年を重ねてよかったこともあります。精神的に強くなって、嫌なことがあってもスルーする術とか、事前に避けることができるようになりました。それに、なんだか死を恐れなくなったというか、人が亡くなっても若い頃ほど落ち込まなくなったんです。

大石:同感。誰かが亡くなっても、私も近いうちにそっちに行くからって思うと、あまり悲しくありません。でも決して生きることを諦めているわけでもない。この年でこんなに働いている脚本家ってほとんどいないんだけど、私は死ぬまで書き続けたい。バリバリ現役で死ぬっていうのが私の最後の夢ですね。

柴門:実は私は50代の頃、もう描かなくてもいいかなと思って、漫画から距離を置いていたことがあったんです。俳句をやってみたり、仏像とか美術に目を向けてみたり。でも、自分の中にある“表現したい”という強いマグマのようなものはやっぱり俳句や仏像じゃダメでした。そんな時期を経て60才になる直前に、最後の作品だと思って描き始めたのが『恋母』だったんです。私はやっぱり描いていないといられないんだと実感した連載で。週刊誌のスケジュールは還暦の身にはそれはそれはキツかったけど、『恋母』を描いて改めて、一生漫画家としてやっていこうと。そんな作品だからこそ、ドラマ化は感慨深い思いでいっぱいです。

大石:魅力的なキャラクターがたくさんいるから、どの母に共感して、どの男に恋するかは人それぞれだけど、翌週の放送が見たくてたまらない!と待ち遠しくなるように力を入れて作っています。だからぜひドラマをご覧になってほしいです。

柴門:私もいち視聴者として待ち遠しいです。ドラマのラストシーンもすごく気になる。原作もまだ完結していないので、ドラマも漫画もどちらの『恋母』も楽しみにしてください。

【プロフィール】
柴門ふみ(さいもん・ふみ)/1957年生まれ。漫画家。1979年『クモ男フンばる!』でデビュー。代表作に『同・級・生』『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』(いずれも小学館)などがあり、ドラマ化された作品も多数。『老いては夫を従え』(小学館)などエッセイにも多くのファンがいる。

大石静(おおいし・しずか)/1951年生まれ。脚本家。1986年に『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で脚本家デビュー。以降、『ふたりっ子』『セカンドバージン』(いずれもNHK)、『家売るオンナ』(日本テレビ系)、『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)など数多くの脚本を執筆し名ドラマを送り出す。

撮影/平林直己

※女性セブン2020年11月5・12日号