失うものがなくなった人は強いというが、この夫婦もそうなのだろう。小林麻耶(41才)と國光吟氏(37才)夫婦のことだ。ふたりのYouTubeチャンネルで、『グッとラック!』(TBS系)のMC・立川志らく(57才)を國光氏が罵倒し、麻耶は自分が番組スタッフから虐められていたと“告白”。しまいには配信中にふたりで瞑想を始める迷走ぶりだ。

 その後も止まらない。國光氏は劇場版『鬼滅の刃』の主題歌LiSAの『炎』を熱唱。歌唱力はともかく、映像はカメラを2台使った本格的なもの。麻耶とぶりっ子ダンスを披露する動画にはディレクターまでつけて、すっかり夫婦YouTuberだ。しかし、そうしたアピールを尻目に市川海老蔵(42才)は、小林麻央さん(享年34)に代わって、“麻耶ママ”になった義姉とその夫を、視界の外に置き続けている。

「國光さんが、自分は神に選ばれた存在で宇宙からのエネルギーでうつ病や骨折も治せると主張していることを知り、麻耶さんの結婚直後から距離を置くようになりました。子供たちが影響されないようにと考えたのです」(麻耶の知人)

 その断絶の様子は、海老蔵が今年6月から始めたYouTubeにも見られていた。

「6月20日のライブ配信での長女・麗禾ちゃん(9才)の言動が、秘かにファンをざわつかせていたのです」(歌舞伎関係者)

“事件”は配信開始20分後に起きた。

「海老蔵さんが、2人の子供に“麗禾と勸玄、会いたい人とかお話聞きたい人っている?”と聞くと、麗禾ちゃんが、なぜか画面の向こう側で言葉では答えず、紙に書き始めたのです。“大きな声で言ってくれないとわからないよ、麗禾”と言っても黙ったままでした」(前出・歌舞伎関係者)

 麗禾ちゃんが促されるままに書いた紙を見せると、海老蔵はそれをひと目見て、「あ〜、ダメ。ダメダメ」と苦笑いして“拒否”。

「麗禾ちゃんも“でしょ?”と答え、会いたい人を披露できない状況を理解していました」(前出・歌舞伎関係者)

 が、海老蔵と一緒にその紙を見た長男の勸玄くん(7才)が、無邪気に「麻耶さんですか!」とバラしてしまう、まさかの事態に。その様子を見ていたファンは困惑する。

「当時8才の麗禾ちゃんが、仲よしだった麻耶さんの名前を声に出しちゃいけないと口をつぐむなんて……」

 そもそも、麻央さんの死後、麻耶は勸玄くんよりも麗禾ちゃんにかかりっきりだった。

「海老蔵さんは、成田屋を継ぐ勸玄くんと一緒に過ごす時間が長いため、どうしても麗禾ちゃんのことは後回しになりがちです。これは、梨園の家族の宿命ともいえる。そこで麗禾ちゃんのケアをしてきたのが麻耶さんだったのです」(別の歌舞伎関係者)

 それが、父と“麻耶ママ”の役割分担だった。しかし、國光氏と同じ道を歩み始めた一昨年から、目に見えて関係性が変わっていく。國光氏はYouTubeで歌舞伎関係者の一部を、《いい年して終わってる人》と罵倒する。そして麻耶はその動画を“神回”と喧伝した。海老蔵が距離を取ったのではない。ふたりが自ら離れていっただけだった。

※女性セブン2020年12月10日号