昨年9月に入籍を発表した窪田正孝(32才)と水川あさみ(37才)。ともに“超”が付く売れっ子で、芸能界屈指の美男美女カップルは、プライベートでも華麗だった。

 11月27日に最終回を迎えた朝ドラ『エール』(NHK)で主演を務めた窪田と、映画・ドラマ・CM・バラエティーなど、八面六臂の活躍を見せる水川。2人の出会いは、2017年放送のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)だった。その半年後には同棲が報じられ、2019年9月に入籍。結婚生活はまだ1年ちょっとだが、夫婦関係は順調そのもののようだ。

 2人は、『エール』の最終回放送直前の11月22日、東京・表参道に現れ、仲睦まじくショッピングと食事を楽しんだ。この様子を伝えたNEWSポストセブンの記事によれば、長身でスタイル抜群の夫婦はマスクをしても“オーラ”は隠しようがなく、すれ違う人たちにもすぐに気づかれ、周囲はちょっとした騒ぎになっていたという。

 この記事についてネットでは、

「素敵なデートですね」
「オシャレでお似合いのご夫婦です」
「この二人を実際に見た人がいたらラッキーだよなぁ。羨ましい」

 といったコメントが寄せられている。否定的なコメントはほとんどなく、2人の好感度が高いことがよくわかる。スポーツ紙芸能記者はいう。

「窪田に関しては、NHKの作品での活躍が多く、ファン層が幅広いのが強みです。彼は大ヒット作となった朝ドラ『ゲゲゲの女房』(2010年)で、主人公・向井理のアシスタント役を演じて話題となり、2012年には大河ドラマ『平清盛』で、平重盛という重要な役を演じて一躍注目の存在に。さらに、朝ドラ『花子とアン』(2014年)で、主人公・花子(吉高由里子)を健気に思い続ける幼なじみを演じて、あらゆる視聴者から同情を集めた。知名度や演技力が認められたようで、『エール』で主演の座を勝ち取りました。NHKで演じてきた役柄もあるのでしょうが、誠実でクリーンなイメージが彼にはありますね」

 一方の水川は、自然体の姿が支持を集める理由の1つのようだ。

「これまで何人もの俳優との交際が報じられてきた“恋多き女”ですが、不思議とネガティブな声が少ない。いずれの交際報道の際も、コソコソしたところが一切なかったことから、その自然体の姿がアンチを生まない一因でしょう。

 また、クールなルックスの彼女ですが、ベタベタの関西人で、バラエティーではしっかりとオチのついたトークができるタイプ。プライベートではハリセンボンの近藤春菜と仲が良く、今年4月には近藤とインスタライブを配信しましたが、そこに窪田が“乱入”するなど、飾らない姿を見せており、男性のみならず同性人気も高い」(スポーツ紙芸能記者)

 先のデートで2人は、周りに気づかれても気にせずハイブランドの店からビンテージ系のセレクトショップまでを訪れて、買い物を楽しんでいたという。

NHKでの実績と“姉御肌”の強み

 窪田は朝ドラに主演したことで、今、CM界で注目の存在だという。広告関係者によれば、窪田が演じた“朝ドラ主演”という肩書はは別格の価値があるとのこと。大手広告代理店の関係者はいう。

「朝ドラは、しばしば視聴率の低さがやり玉に上げられますが、最低でも10%台の後半は取りますし、放送も半年間です。放送が終われば、主演俳優は他局のバラエティーで引っ張りだこになり、撮影秘話などを話すのが恒例行事。他局の作品のことがこんなに話題になるのは朝ドラだけでしょう。

 それは当然、広告効果にもつながります。一番わかりやすいのはJRA(日本中央競馬会)のCMでしょう。現在JRAのCMには女性タレントが3人(高畑充希、土屋太鳳、葵わかな)出ていますが、その3人は全員朝ドラのヒロイン経験者です。土屋がヒロインを務めた『まれ』や、葵の『わろてんか』は、正直あまり評判はよくありませんでしたが、知名度の高さは抜群ということ。津々浦々まで放送されるNHKは、それだけ価値があるということです。窪田の場合も、その好感度の高さも手伝って、あらゆるCMオファーが今、殺到している状況でしょう」(広告代理店関係者)

 一方の水川も、CMでは非常に重宝されるタイプだという。

「今や、男性に媚びるタイプの女性を描くCMはジェンダー的に好まれませんが、“強い女性”を前面に押し出しすぎると、男性から反発を招くもの。その点、水川はルックス的には男性に媚びないクールビューティタイプですが、親しみやすい雰囲気もあり、同性にも異性にも支持されやすい。天海祐希や篠原涼子など、“サバサバとした姉御肌”は、男女から支持される大事なキーワードですが、これは狙ってできるものではありません。水川は結婚したことでCMのジャンルの幅も広がりますし、いろんな話が舞い込んでいるはずです」(同上)

 窪田&水川は、好感度の高い者同士のカップルとして、芸能界を代表するおしどり夫婦になる日も遠くなさそうだ。