『エール』に続いて放送が始まった杉咲花(23才)主演の連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。朝ドラでは毎回、ヒロイン役に注目が集まるが、杉咲も含めてヒロインオーディションに落選したことがある経験を明かす女優が増えている。その理由とは? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 元気よくスタートした朝ドラ『おちょやん』。序盤、主役の竹井千代を演じる子役・毎田暖乃とともに、ドラマを引っ張るのは千代の継母・栗子役の宮澤エマだ。

 幼くして実母を亡くし、家事に追われて学校にも行けない千代は、朝寝坊で家事も仕事も一切せず、三味線なんか弾いている栗子に怒り爆発。バトルを繰り広げる。メイキング番組で宮澤は、「千代ちゃんがしっかり『なにくそ』ってなるように、普段は絶対言わないようなセリフを楽しんで言ってます」と憎まれ役に徹する覚悟を見せた。

「普段は絶対言わない」そりゃ、そうだ。彼女は、宮澤喜一元首相の孫としてしばしば“セレブ女優”と称される存在。掘っ立て小屋で貧しく暮らす武井家で、こどもに本気で怒りまくるなんてことは想像もしていなかっただろう。近年は、映画『記憶にございません!』や香取慎吾と共演した配信ドラマ『誰かが、見ている』など三谷幸喜作品でコメディエンヌとしての力も発揮。三谷脚本の再来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、主人公の妹役として出演が決定している。今後、ますます注目されることは間違いない。

 が、ここで注目したいのは、彼女が過去に何度か朝ドラのオーディションを受けていたということだ。『おちょやん』のメイキングでは、主役の杉咲花もヒロインオーディションを何回か受けたが、縁がないのかなと思っていたと語っている(今回はキャスティングでの起用)。

 最近、オーディションに落ちた経歴を話す若手俳優が増えた。吉岡里帆は『あまちゃん』のヒロイン役で落選、『スカーレット』のヒロイン(戸田恵梨香)の夫を演じた松下洸平も朝ドラに4回落ちたことを話している。『あさが来た』の波瑠も朝ドラヒロインを射止めるまでに3回落選したと語っている。『あまちゃん』に出演した有村架純、『べっぴんさん』に出演したももいろクローバーZの百田夏菜子は、ともにヒロイン役で落選し、脇役に起用されたとかつてインタビューで明かしている。

 朝ドラだけでなく、北川景子も松本穂香もオーディションに落ちまくり、凹んだ日々を告白しているし、本田翼は受けたオーディションが三桁で落ちた回数も同じくらい、木南晴夏もオーディションを受けるたびにヒロインの友だち役になっていたという。

 昔から演歌歌手の下積み時代や芸人の貧乏話などはよくあったが、オーディションに落選したことを話す俳優、特に女優はほとんどいなかった。

 私もあるベテラン女優の歩みを聞いていて、突然、「初めて話す」と40年以上前の朝ドラのオーディション(当時は一次が書類、二次が芝居とセリフ、三次のカメラテストで15人ほどに絞られ、さらに残った三人から選ばれたそうです)の苦労、最後の最後に「次があるから」と言われた気持ちを涙目で語られたことがある。このころは落ちた経歴はイメージを悪くする、ネガティブ情報と考えられていたのだろう。

 しかし、今は、オーディションに落ちてもそこから奮起し、何度もチャレンジした前向きな経歴とみなされる。番宣でトーク番組やバラエティーに俳優が出る機会が増えたことも影響しているに違いないが、共感を呼ぶきっかけにもなるし、何かと批判されることが多い芸能人にとって、「そうは言っても苦労人である」ことは、強みにもなるのである。みんな落っこちて大きくなった! 人気俳優からの「人知れず悔し涙を流していた」告白は、これからも出てくるはずだ。