今、最も勢いのある声優の一人と言っていいだろう。花澤香菜(31才)が、ラジオ収録を終えて出てきた姿だ。今年最大のヒット映画にもなっているアニメ『鬼滅の刃』の中で、人気キャラクターの1人である“恋柱”の甘露寺蜜璃役も大好評で、各方面に引っ張りだこの毎日である。

 この日は、ベージュ系で襟がチェック柄の落ち着いたロングコート姿でマスクもしていたが、セミロングのゆるふわヘアに大きな瞳が印象的だった。

 この人気声優が、この夜のラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM、毎週月〜金曜深夜1時)で、約20年前の子役時代の思い出話に花を咲かせて、話題になった。

 共演者の個性派俳優の加藤諒(30才)と「私たちが初めて会ったのは『やっぱりさんま大先生』(フジテレビ系、1996〜2000年)だったよね」と意気投合して、最近18年ぶりに再会したことを明かした。

 明石家さんま(65才)が、小学生の教師役として司会進行した人気バラエティー番組『あっぱれさんま大先生』(1988〜1996年)と『やっぱりさんま大先生』からは、多くの子役が羽ばたいた。

 これまでは卒業生の代表といえば、内山信二(39才)や山崎裕太(39才)、元女優で中村勘九郎(39才)の妻・前田愛(37才)が有名だったが、「世界的な人気にまでなっているのは花澤さんでしょう」と語るのは、ある声優プロダクション関係者だ。

 俳優としての知名度を上げている落合モトキ(30才)やモデルで女優の森絵梨佳(32才)、ロックバンドOKAMOTO’Sのドラマーのレイジ(29才)など、ほかにも芸能界で活動し続ける同世代の卒業生は多いが、14才から声優に転身していた花澤の活躍は、その中でも際立っている。

「超絶癒しボイス」といわれる美声で人気を博して、「声優アワード」など数々の賞を受賞。歌手としても、昨年は多くのファンがいる中国(広州、上海)での海外コンサートも成功させてきた。

 前出の声優プロダクション関係者は「人気絶頂の中で、今年7月には同じ声優の小野賢章さん(31才)との結婚を発表されましたが、人気に陰りがでる気配は全くありません。歌と声優での実力が広く評価されている証拠です」と話す。

『鬼滅の刃』で、花澤が担当する恋柱の甘露寺が本格的に登場するのは、公開中の映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』以降のストーリー。花澤の甘い声が、より広く認知されるのはこれから。当然、彼女のファンもますます増えていくだろう

「さんま大先生」OB・OGのいちばんの出世頭となりそうだ。