Sexy Zoneのマリウス葉(20才)が体調不良のため一定期間、活動休止することが12月2日、明らかになった。11月25日放送された、音楽特番『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)には、嵐やKing & Princeといった人気アイドルグループが多数出演し、デビュー10周年を目前に控えたSexy Zoneもそのうちの1組だった。しかし、マリウスは体調不良を理由にステージに姿を見せなかった。

 その2日前の11月23日、マリウスは都内の有名大学病院へと緊急搬送されていた。マリウスは閑静な住宅街で昏倒。関係者によれば、マリウスはその夜、体調が優れなかったため、処方された薬剤を服用したが、その量が多くて気分が悪くなったという。

 Sexy Zoneは今夏、新たなスタートを切ったばかりだ。

「パニック障害で活動休止していた松島聡さん(23才)が今年8月、1年9か月ぶりに復帰しました。“完全体”に戻った5人は、11月にニューシングル『NOT FOUND』をリリースしたばかり。デビュー10周年にあたる2021年にどんな飛躍を見せるのか、期待する声は少なくありません」(テレビ局関係者)

 2011年11月、Sexy Zoneはシングル『Sexy Zone』でデビュー。グループ結成からわずか1か月半でのデビューは、ジャニーズ史上最短記録で、5人のメンバーは全員が10代。最年少のマリウスはまだ11才で、史上最年少だった。ドイツ生まれで、父親がドイツ人、母親が元タカラジェンヌというバックボーンも注目された。日英独のトリリンガル。現在は名門私立大学へ進学し、アイドル活動を続けながら勉学にも熱心に勤しんでいた。

 天から二物も三物も与えられたマリウス—─しかし、煌めく才能を持つ者ほど、悩みも深いものだ。

「マリウス、ちゃんとやりなさいよ」

 10周年を前に、メンバーは、これまでのことを冷静に振り返っていた。11月20日放送のドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で、菊池風磨(25才)はこう語っている。

《10年やったという自負もあるけど、10周年でまだ何も残せてないなっていうのが大きいですね。じゃあ、デビュー曲を超えるぼくたちが印象に残せる曲ってありましたかって、ぼくたちのファンじゃない子に聞いたときに、何曲あがるのかな》

 2013年から6年連続で出場していたNHK紅白歌合戦には、昨年から出場していない。期待に応えることが当たり前という運命を背負い、高みを目指す5人にとって、それまでの積み重ねは決して満足のいくものではなかった。なかでもマリウスは、プレッシャーを感じていたという。前出の番組で、デビュー後について、こう語っていた。

《「マリウス、ちゃんとやりなさいよ」みたいな感じだったし、ちゃんと振り付け間違っちゃいけないよって。結構、足を引っ張ってるんじゃないかっていう焦りもあった》

 2014年にはグループの“分断”を経験している。

「5人のうち年上の佐藤勝利さん(24才)、中島健人さん(26才)、菊池さんの3人がSexy Zoneとして残り、松島さんとジャニーズJr.のメンバーが『Sexy 松』、マリウスさんとジャニーズJr.が『Sexy Boyz』と別々の活動が始まった。2人はSexy Zoneの弟分という位置づけになりました」(音楽業界関係者)

「3人と2人」の構図が続き、松島、そしてマリウスの心境は複雑だったようだ。

「自分たちはSexy Zoneのメンバーとして、このままでいいのか、もっと成長しなければいけない、という思いがあったそうです」(前出・音楽業界関係者)

 5人体制へ戻ったのは2015年12月で、その後、2018年11月に松島がパニック障害のために活動休止を発表。それから4人体制での活動が続いた。松島が復帰する直前の今春、マリウスは雑誌でいまの自分をこう分析していた。

《僕自身は繊細で複雑な人間だと思っていて。だからこそ、シンプルでいるように心がけているの。あと、僕は心配性でもあるから、不安にとりつかれてしまうとよけいなことを考えすぎてしまう傾向があるんだよね。

 実はメンバーと未来の話をするのも少し苦手で。ビジョンを掲げて前に進むのはとても大事なことだとは思うんだけど……先のことを考えると怖くなっちゃうの。2年後、3年後、自分も世の中もどうなっているかわからない。不確定な未来に不安を抱くより“今”と向き合っていたいなって》(『MORE』5月号)

「みんな頑張りすぎてない?」

 マリウスは人知れず悩みを抱えていた。グループのこと、活動のこと、仲間のこと、人生のこと、生きるということ—デビューから10年が経とうとしているといっても、マリウスはまだ20才だ。初めてぶつかる人生の壁も多く、悩み、疑問を抱くことも少なくない年頃だろう。しかも彼はスターという重責も背負っている。

「彼は下積みをほとんど経験することなく、いきなり煌びやかな世界に飛び込んだ。壁や不安を乗り越えることは簡単じゃないし、メンバーも彼のことは心配していた。いまは大事に至らなくてよかったとひとまず安堵している状況です」(マリウスを知る関係者)

 病院には昼頃、地方から駆けつけた両親が到着し、マリウスと一緒に自宅に帰った。現在は自宅で療養中だという。彼はいま、改めて事務所スタッフやメンバー、家族の存在に感謝していることだろう。

 この休養期間は、いままでの自分を見つめ直すいい時間になるのかもしれない。マリウスは今夏、雑誌のインタビューで「いまのSexy Zoneらしさ」について、こう語っていた。

《僕としては「みんな頑張りすぎてない? 楽しい? 楽しいって感覚、大事だよ」みたいな感じで、バランスをとっていきたいですね。それは僕が一番年下で、みんなの背中を見てきたから思うことですけど》

 ファンはマリウスに同じことを伝えたいはずだ。

「頑張りすぎてない?」

 まずしっかりと体を休め、再びステージで輝くことを、ファンはずっと待っている。

※女性セブン2020年12月17日号