2月7日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。クライマックスが迫るなか、物語の結末を左右しかねない驚きの新事実が明らかになり、歴史ファンを騒然とさせている──。

「敵は本能寺にあり!」。そんな掛け声とともに、明智光秀が本能寺に滞在する主君・織田信長を急襲──これが広く知られる「本能寺の変」のクライマックスだ。主人公・明智光秀の最大の見せ場だけに、『麒麟がくる』ではどう描かれるのか、視聴者の注目が集まっている。

 そんななか、1月4日付の朝日新聞に驚きの記事が掲載された。光秀は「本能寺に行っておらず、謀反を部下に実行させていた」という記述が史料から新たに発見されたというのだ。

 その史料は、石川県金沢市に現存する古文書『乙夜之書物』。そこには「光秀ハ鳥羽ニヒカエタリ」との記述があった。つまり光秀は本能寺から8kmほど離れた鳥羽(京都市南部)にいたと書かれていたのである。

 この新発見をした富山市郷土博物館の萩原大輔・主査学芸員が語る。

「『乙夜之書物』は、本能寺の変から87年後の江戸時代に、加賀藩の兵学者・関屋政春が記したものです。本能寺を奇襲した光秀の重臣・斎藤利三の三男で、自身もその作戦に加わっていた斎藤利宗が、加賀藩士の甥に語った証言として記述されている。核心情報を知り得る人物が情報源であり、後世に加筆された形跡もなく信憑性は極めて高い」

 本能寺に光秀がいなかったとすれば、どのような状況だったと推測されるのか。

「当時、信長の三男・織田信孝が四国討伐軍を率いて大阪に駐屯していました。本能寺で討ち逃した場合、信長が信孝のもとに逃げる可能性が考えられる。それを見越して光秀は(通り道となる)鳥羽に控えていたのではないか」(前出・萩原氏)

 そうだとすれば、本能寺の変は光秀の突発的行動ではなく、綿密な計画のもとに実行されたものだったということになる。

非常に現実味がある

 日本史の重大事件であるにもかかわらず、本能寺の変に関する史料は非常に少ない。これまで光秀自身が本能寺に攻め入ったと考えられてきたのは、光秀と交流があった公家の吉田兼見の日記に「惟任日向守(光秀のこと)、信長之屋敷本応寺へ取懸」などと記されていたからだ。東京大学史料編纂所の本郷和人教授が語る。

「これまで光秀自身が軍を率いて本能寺に向かったという決定的な史料はありませんでしたし、逆に“その場にいなかった”という史料もなかった。しかし、今回見つかった史料の内容には非常に現実味があります。

 戦国時代の合戦で大将が最前線に赴くことはまずありません。光秀が家臣を本能寺に向かわせ、自身は後方に控えていたという説は理に適っている。光秀の鎧兜は残っていませんが、当時の武将は非常に派手なものを身につけていたので最前線にいたら鉄砲で狙われて蜂の巣。後方に控えていたと考えるのが自然です」

最終回は……

 ちなみに、大河ドラマの放送に合わせて、その主人公の新史料が発見されることは非常に多い。

 2017年の『おんな城主 直虎』の時は、ドラマのスタート直前に「次郎直虎なる人物は井伊家の家系図に存在しない」と報じられた。2018年の『西郷どん』でも、放送開始3日前に、西郷隆盛の新たな肖像画の発見がニュースになった。

「新しい歴史史料が発見されても、それがメディアに大きく取り上げられることはほとんどない。しかし大河に関連するとなれば話は別。そのため主人公やその時代に関係する史料を掘り起こそうとする郷土史家などが増える。そこにマスコミがスポットを当てるため、“タイミングの良い発見”が強調されるのです」(歴史研究家の一坂太郎氏)

 この新発見は『麒麟がくる』の展開にどう影響するのか。長谷川博己演じる光秀は、本能寺の変の最中、ずっと家臣の報告を待っているのだろうか。NHKは「『麒麟がくる』ならではの新しい明智光秀像を描きたいと考えています」とのことだったが、同ドラマの時代考証を担当している小和田哲男・静岡大学名誉教授はこう語った。

「“面白い史料が出てきたな”というのが率直な感想です。ただし史料分類では“聞き書き”なので一次史料と言えない。斎藤利宗が加賀藩士の甥に語った時に、記憶違いや誤解があった可能性もある。私の考えでは、光秀が鳥羽にいたのは豊臣秀吉の軍と衝突した山崎の戦いのタイミングではないかと思われます。

『麒麟がくる』の最終回については詳しくは言えませんが、これまでの本能寺の変の描写を逸脱しない形になるでしょうね」

 前出の萩原氏も、“ラストシーンの変更”は望んでいないようだ。

「貴重な発見ですが、これはあくまでも研究のスタートライン。私自身、大河ドラマが好きなので、“敵は本能寺にあり!”と、ドラマチックに攻め込んでほしいですね」

 最終回に“変”は起こるのか。

※週刊ポスト2021年1月29日号