女優・池脇千鶴(39)が主演の深夜ドラマ『その女、ジルバ』(東海テレビ、フジテレビ系)が、放送開始早々に話題となっている。ドラマオタクのエッセイスト・小林久乃氏が、同作の人気の秘密を読み解く。

 * * *
 冬ドラマの放送が始まっている。女優の池脇千鶴さんが民放局の深夜ドラマに主演する……という情報を聞いてから、ドラマオタクの心が「あの、ちぃちゃん(池脇の愛称)が……?」と、ざわついた。その作品が『その女、ジルバ』だ。

 10代から女優として活動、各所で確かな演技力を絶賛される彼女が、2021年の最初の舞台に選んだのは、深夜ドラマだった。この第一話の放送は反響も大きく、SNSでも「池脇千鶴」や、ドラマタイトルなどのワードがトレンドに上がっていた。何が視聴者を惹きつけているのかを、紐解いていきたい。

深夜放送“大人の土ドラ”枠の最高視聴率をマーク

 池脇千鶴さん演じる『その女、ジルバ』の主人公は、40歳なのに男も夢もなく、仕事もアパレル店員から物流倉庫へ異動させられた笛吹新(うすい・あらた)。新は自分を変えたいと、ふと目にした超熟女バーのホステス募集に申し込む。60〜70代のホステスが揃う店内で、新は若手だと“ちやほやされる”という、久々の感覚を覚えて、新しい自分を開拓し始めるという内容だ。

 放送枠は「大人のドラマ枠」と呼ばれる、23時40分からの深夜放送。2016年4月からこれまでに約30作品が放送された中、今回が最高視聴率を記録した。名古屋地区で9.2%、関東地区では6.3%と第一話の放送は好発進している。

 人気の理由はいくつか挙げられるけれど、まずは女優・池脇千鶴さんが主演であることを推したい。全国的に著名な人ではあるが、出演作は映画がダントツに多い。印象に残っているのは、妻夫木聡とのベッドシーンが話題になった『ジョゼと虎と魚たち』(2003年公開)。静かそうな雰囲気を醸し出しつつ、最終的には力強い爪痕を残す、それが池脇さんの演技だと思う。

 もちろん、テレビドラマに出演していないわけでもなく各局で活躍を見せていて本作の以前には『ごめん、愛してる』(TBS系・2017年)にも出演。ただ歴代の出演作を見ていると気付くのが、近年はNHK制作のドラマに数多く出演していること。

 NHKと聞くと、たくさんの俳優たちが出演を目指す朝ドラや大河を放送する、由緒正しき、真面目な放送局のイメージが漂う。そんなNHKに若手のうちから愛されて育ってきた池脇さんが、民放局でホステス役を演じるというのは画期的であり、これは2021年早々のドラマ界における事件だと思う。

頑張っている女性に刺さる大・大先輩たちの金言

『その女、ジルバ』にはただアラフォーのホステスとして出演しているだけではなく、明らかに役柄のために太り、特殊メイクを施して薄幸さを演出している。おそらく今回は新が自分に自信をつけながら痩せて、美しくなっていく……というところまで、私たちは追うことになりそう。そんな特殊な役となれば、彼女の実力と人気から考慮すると、注目が集まったのは“必然”だったと強く伝えたい。

 さらにドラマを盛り上げるのは超熟女バー「OLD JACK&ROSE」の現役ホステスたちだ。ガチの高齢者たちが客をもてなしているのだが、彼女たちが新に伝えるセリフは頑張っている女性に響く金言だと言ってもいい。

「女は四十から」「捨てていいのは操と過去だけ」「40代なんてまだまだお嬢ちゃん」など、超熟女が言うからこそ説得力のあるセリフがポンポンと飛び交う。ただ聞いているだけのこちら側も、ドキッとしてしまう。さらに高齢になっても、酒を飲んで人生を謳歌しているホステスたちの様子は、見ているだけで微笑ましく楽しい。素直に「あんなバーで飲んでみたい」と願望がわくシーンがドラマには数多く登場してくるのだ。

 普段の生活で、私たちが飲みに行く時はどうしても年代の近い同士で集まることが多い。新のように、自分よりも30歳近く年上に囲まれるチャンスは、なかなか巡って来るものではない。出かけたところで気を遣いそうな予感も……? と考えていたら、いつも自分の両親よりも年上に高齢者に囲まれて、下町で飲んでいた同級生が言っていた一言を思い出した。「(自分から)話すんじゃなくて、彼らの会話を聞いて新しい視野を勉強させてもらっている」。ああ、新も同じことなのかしれない。彼女に今まで足りなかったのは刺激だったのか……。

 主人公の立ち上がっていく様子に、大先輩からの深〜い背中を押す言葉の数々が並ぶ『その女、ジルバ』はまだ始まったばかりだ。コロナ禍で週末遊びに行くことができないストレスを「BAR OLD JACK&ROSE」で解消してみては?

【プロフィール】こばやし・ひさの/静岡県浜松市出身のエッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター。これまでに企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊以上。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。