「BTSはBack to ToShiの略。2021年はバック・トゥ・トシ!」と叫ぶレーザーラモンRGの田原俊彦ブームが終わりそうにない。1月14日、木曜パーソナリティーを務めるSBSラジオ『内山絵里加のふくわうち』の15時台のコーナー『RGのずっと話してたい!』では、2週連続で田原俊彦特集を組んだ。

 RGは“全ての起源はトシちゃんにある説”と題し、『It’s BAD』『堕ちないでマドンナ』『イージー・ラヴァー』(フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー)『ラブ・シュプール』と4曲中3曲、田原のシングルを流した。

 久保田利伸作曲の『It’s BAD』を「いち早くラップやブラックミュージックを取り入れた曲」と語り、『堕ちないでマドンナ』がインスパイアされた洋楽として『イージー・ラヴァー』も紹介。田原ソングの起源も辿る奥行きの深さを見せた。

“トシちゃんソングのオンエアあるある”を挙げれば、デビュー曲の『哀愁でいと』、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した『ハッとして!Good』(ともに1980年)、人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で年間1位を獲得した『抱きしめてTONIGHT』(1988年)などを放送しがちだ。

 しかし、RGは『ラブ・シュプール』(1982年)、『堕ちないでマドンナ』、『It’s BAD』(ともに1985年)を選択。いずれも初期と比べて、売上枚数は落ちている。『哀愁でいと』は71.9万枚だったが、1985年の2枚は10万枚台まで下がっていた。

 なぜ、この3曲を紹介したのか。“全ての起源はトシちゃんにある説”の証明に適切な楽曲だったことに加え、もう1つ理由があるのではないか。RGは著書でこう綴っている。

〈成功した人に対して、成功したこと自体を褒める人は多い。だがその人にとっては、努力している過程こそいちばん頑張った時間で、成功の瞬間はその結果にすぎない。成功した瞬間に人はたくさん集まってくるが、努力している時間は孤独な時間だったはずだ〉(著書『人生はあるあるである』・小学館よしもと新書・2016年10月発行)

 1984年にチェッカーズが大ブレイクし、翌年12月には少年隊がデビュー。当時、アイドルの寿命は短く、田原は人気下降線を辿っていた。それでも、洋楽の流行を積極的に取り入れ、ラップもかなり早い段階で採用し、浮上のキッカケを探った。

 つまり、苦しい時期にスタッフはどんな手法で乗り越えるか試行錯誤し、田原本人が懸命に表現した。RGは、大ヒットが生まれる過程に目を向けるべきだとも言いたかったのではないか。

 田原は1985年の『It’s BAD』を経て、1986年にはシングル、アルバム全ての作詞を阿久悠に任せ、阿久原作の映画『瀬戸内少年野球団・青春篇 最後の楽園』(1987年1月公開)にも主演。“男らしさ”を追求した。

 これらの過程が、熱血教師・徳川龍之介を演じた1988年の主演ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)と主題歌『抱きしめてTONIGHT』の大ヒットに繋がった。沈んでいる時に奮闘したからこその成功だった。

 思えば、RGの道のりも平坦ではなかった。相方のHG(ハードゲイの略)が2005年にピンで大ブレイク。その傍らで、RG(リアルゲイの略)を名乗り始めたことで、「便乗するな」などと世間からバッシングを喰らった。

 だが、めげずに自分の道を探し、“あるあるネタ”を見つけ、独自のポジションを確立した。RGも苦境の末にブレイクした経験を持つからこそ、田原俊彦の大ヒット曲ではなく、どちらかといえば陽の目を見なかった曲にスポットを当てたのではないだろうか。

■文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家。NEWSポストセブン掲載の〈検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?〉(2019年2月)が第26回『編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』デジタル賞を受賞。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では阿久悠プロデュース期や1990年代後半の苦境期も詳細に綴っている。