早くも今クールのナンバーワンドラマの呼び声が高いのが、綾瀬はるか(35才)主演のドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)だ。1月17日放送の第1話は、16.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という高視聴率を獲得。殺人鬼の男性と魂が入れ替わる女性刑事という難役を演じる綾瀬の好演も光った。

 女優デビューから20年経ったいまでも、最前線で活躍できるのにはわけがある。

「綾瀬さんは心配性ゆえに、NGを出さないための事前準備に余念がありません。ベッドに入った後でもドラマのセリフが気になると、朝がたまで台本を確認し、作品内でアクションが必要とわかればオフを返上して稽古しています。だから世間だけでなく、スタッフからの評判もいいのです」(ドラマ関係者)

 高い演技力は言うまでもなく綾瀬の魅力の1つだが、愛される人柄もその1つ。2007年にヒットしたドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)で恋愛を諦め自堕落な私生活を送る“干物女”を演じたことをきっかけに、周囲からの好感度は高まった。

「綾瀬さんはプライベートも“干物女”と告白し、干物度合いを96%と評していました。洗い物をしたくないからとお総菜を買ったままの器で食べるという話はまさに!ですよね。その等身大の姿が、女性人気にもつながったのでしょう」(テレビ局関係者)

 そんな綾瀬の“干物度”は、ある物を購入したことで100%になったという。

「芸能界では渡部篤郎さん(52才)や杉咲花さん(23才)が愛用している“アレ”ですよ」

 そう明かすのは前出のテレビ局関係者。アレとは『ヨギボー』というアメリカ生まれのクッションのこと。特殊なカバーの中にビーズが詰まったヨギボーは、柔らかく、どんな体勢でも受け止めてくれる。その心地よさに、そこから立ち上がれない人が続出し、「人をダメにする」とまでいわれている。綾瀬もすっかり、ヨギボーにご執心らしい。

「そのおかげか、最近は、家で過ごす時間を“宝物”と表現するほど、オフの時間を楽しんでいます。ヨギボーを手に入れた綾瀬さんは、手の届く範囲に飲み物やリモコンを置いて、長時間、一歩も動かないらしいですよ(笑い)。新型コロナの影響でステイホームするうちに、“干物”生活にも拍車が掛かったんだとか」(前出・テレビ局関係者)

 恋人よりも、ヨギボーの方が手放せない!?

※女性セブン2021年2月4日号