新垣結衣(32才)が、来年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演濃厚であることがわかった。

「主演の小栗旬さん(38才)とは、2009年のドラマ『スマイル』以来13年ぶりの共演。当時は深く絡まなかったので、これが本格的な初共演といえます。しかも、脚本家は新垣さんが好きな三谷幸喜さん(59才)。最近の彼女は主演作に限らず、『自分が出たい作品に出る』というスタンスのようです」(テレビ局関係者)

 この情報に年明けから各テレビ局がザワついている。昨年末、週刊文春(2020年12月31日・1月7日合併号)が《新垣結衣3年ぶり主演ドラマをTBS『とったどー』》という見出しで、TBSのドラマ出演を報じた。

 4年前の同局での大ヒット主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』と同じ火曜22時の枠で、今年の10月クールに出演予定だといい、「スタッフは“逃げ恥チーム”が再集結して、ベストセラー『妻のトリセツ』を基にした企画」と詳細に報じられた。ところが、実際の状況は違うという。あるTBS関係者が明かす。

「新垣さんサイドに内々にオファーはしていたようですが、最終的に色よい返事はもらえなかった。現時点では今秋の主演作は“ない”といえます」
 
 TBSテレビ広報部は「制作過程については、従来お答えしておりません」と回答した。

 ライバル局も肩を落とす。

「TBSの主演ドラマが消えたという情報が流れた直後、新垣さんと懇意のスタッフがいる日本テレビがすぐさまオファーを出したそうです。でも、出演は成立しなかった。そんな中で、“大河ドラマ出演内定”の情報が流れ、両局の関係者が苦笑いしているとか」(広告代理店関係者)

 もともとインドア派を公言している新垣は、10代の頃から最前線で走り続けてきたこともあり、2年前の2018年10月クールの『獣になれない私たち』(日本テレビ系)に主演した際に、「しばらくドラマ出演はマイペースでゆっくりやりたい」と希望していたともいわれていた。

 約2年の沈黙を破って女優業に復帰したのは、昨年夏の連ドラ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)での、主演ムロツヨシ(45才)の回想シーンでの妻役。

「いま最も勢いのある福田雄一監督作品で、しかも“脇役”ということが、出演の決め手だったとみられています」(前出・テレビ局関係者)

 今回もオファー作を自ら吟味した上で大河ドラマの出演を選んだという。多くの役者が憧れる三谷作品で、脇役ながら重要な役を演じるとみられる。いまの新垣にとっては最も自然な選択なのだという。新垣の知人が明かす。

「彼女はとても芸能人とは思えない控えめな性格で、主演で座長として引っ張るよりも、脇役でリラックスして仕事をする方が性に合っているんです。今後も主演作はレアになるのでしょうね」

『鎌倉殿の13人』の主人公・北条義時の正室役は、まだ発表されていない。小栗と新垣の夫婦となれば話題性は高いが、果たして……。

 NHK広報局は「個別の番組出演についてのお問い合わせには、お答えしていません」と回答した。

※女性セブン2021年2月11日号