「『ジョブチューン』と『有吉ジャポンII』を3月末に降板することが決まったそうです。両番組ともTBS系列で、いわばみな実さんの“古巣”。もうそこに頼る必要がない、ということなんでしょう」

 そう語るのは、あるテレビ局関係者。田中みな実(34才)のホップ、ステップ、ジャンプは、いよいよ最終段階に入った。まずホップ。

「TBS局アナからの独立を模索していたときの田中さんは、“フリーにはなりたいんです。でもTBSのレギュラーは全部そのままやりたいんです。ギャラは安くてもいいから……”と大きな目を潤ませて周囲に必死に相談してました。その頃は独立しても成功する自信がなかったんでしょうね。

 当時からあざとかった田中さんは、TBSのアナウンス室でも浮いていた(笑い)。局のレギュラーは厳しいだろうと思われていましたが、持ち前の周到な根回しで、気づいたら、レギュラーポジションをがっちりキープしてました」(芸能関係者)

 古巣のバラエティー番組を中心にしながらも、徐々にドラマでの演技が評価されるようになり、写真集も大ヒットを記録。そして次のステップ。

「昨年夏、フリーアナウンサーのマネジメントでは業界ピカイチとされる事務所から、実力派女優を揃える事務所へと電撃移籍を果たしました。いつまでも“ぶりっ子女子アナ”キャラは続かない。女優へ転身した方が、息の長い芸能活動をできるだろうという計算があったのでしょう」(スポーツ紙芸能記者)

 2021年になっても、田中が推した商品が売れまくる“みな実売れ”現象は止まらない。テレビ、雑誌、広告のどの業界も、田中のスケジュールを押さえようと必死だ。そこで、いよいよジャンプだ。

「これから、撮影が長期間続くドラマや映画への出演を重視すると、バラエティーへのレギュラー出演は足かせにしかなりません。多額のギャラが見込める広告の仕事にも、イメージ的にマイナスですし。独立時にはあれほどしがみついていたバラエティーのレギュラーですが、ギャラも安いし、もう“放棄”した方がメリットが大きい、ということなんでしょう」(前出・芸能関係者)

 TBSテレビ広報部に、田中の両番組の降板について問い合わせると「制作過程については、従来お答えしておりません」と回答した。

※女性セブン2021年2月11日号